病院情報の公表

平成27年度 横浜南共済病院 病院情報の公表

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード 

 

 

 
年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数 645 389 366 478 855 1,098 2,684 4,037 2,892 539

 

当院は地域の中核病院として、質の高い医療を幅広い年齢層の患者さんに提供しています。特に急性期医療に力を入れている当院では、60歳以上の症状が比較的重症の高齢者の入院が多くなっています。
年代別の疾患を見ると、9歳までの小児患者では当院で出生した乳幼児や、中耳炎などの耳鼻咽喉科的な入院が多く、10~30代では骨折や、スポーツによる外傷・障害など整形外科的な手術を行う患者さんが多くなっています。
40~60代から疾患が幅広くなり、内科系では脳梗塞や狭心症・肺がんの検査入院、外科系では悪性腫瘍、婦人科疾患、脊椎脊髄や関節の手術入院が多く、また70歳以上ではそれに加え、心不全や肺炎での緊急入院が多くなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
ファイルをダウンロード
循環器内科
 
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050050xx99100x 狭心症 心臓カテーテル検査 180 3.17 3.07 0 70.00
050050xx0200xx 狭心症 経皮的冠動脈形成術 148 4.84 4.87 0 70.44
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 91 5.76 5.68 0 63.30
循環器内科の入院でも最も多いのは、狭心症が疑われた場合に行われる心臓カテーテル検査です。検査で狭窄病変が見つかると経皮的冠動脈形成術(PCI)と呼ばれる、ステント等で血管を広げる手術を行います。近年目覚ましい発展を遂げている頻脈性不整脈(心房細動など)のカテーテル治療も積極的に行っているのが特徴です。
消化器内科
 
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060340xx03x00x 胆管炎 内視鏡的ステント留置術等 108 11.78 10.93 2.78 76.15  
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 75 7.69 7.91 70.48 0  
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍 58 9.86 11.00 1.72 69.31  
胆管炎は胆道が胆石などが原因でつまり、胆汁が停滞して細菌感染が起こる疾患です。内視鏡を使ってチューブを挿入し、胆汁を排出させる治療を行います。大腸憩室性疾患や胃潰瘍での入院も多く、出血が伴う場合、輸血や内視鏡を使った止血術を行います。DPC対象外疾患では大腸ポリープの内視鏡治療が600件近い症例がありました。 
呼吸器内科
 
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 気管支鏡検査 117 2.94 3.29 0.85 71.26
040080x099x0xx 肺炎 111 14.06 14.34 7.21 73.55  
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 化学療法あり 63 12.73 13.38 0 66.73  
呼吸器内科では、肺がんの検査・治療に関する入院が多くなっています。肺がんの検査では、気管支鏡検査に加え、局所麻酔下胸腔鏡検査を行っております。従来胸腔鏡検査は全身麻酔下に行う検査でしたが、当院では全身麻酔より危険の少ない局所麻酔で実施しており、有用な結果を得ています。肺炎での入院も多いですが、救急入院の際は他内科系診療科でも治療するケースがありますので、2番目となりました。
血液内科
 
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 リツキシマブあり 27 18.07 17.69 0 74.59  
130010xx97x2xx 急性白血病 保存血輸血等 化学療法あり 26 40.77 43.59 3.85 64.31  
130060xx97x00x 骨髄異形成症候群 保存血輸血等 20 4.95 15.36 5 77.95
リツキシマブは、がん細胞のもつ特性を標的として効率よく作用する分子標的薬と呼ばれる薬で、悪性リンパ腫のなかでもB細胞がかかわる非ホジキンリンパ腫に効果があります。また血液内科では急性白血病や骨髄異形成症候群など、その他の血液疾患と入院数では差はなく、専門性の高い治療を行なっています。
神経内科
 
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 68 14.63 15.80 20.59 75.41  
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) エダラボンあり 67 19.24 18.08 29.85 73.55  
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 22 22.91 19.32 59.09 71.18  
神経内科は、脳外科と連携して脳卒中の治療を多く行っております。通常抗凝固療法という治療を行いますが、半数は脳の障害を防ぐため、エダラボンという脳保護薬を投与します。また発症から早期の入院であれば、血栓を溶かすt-PA療法も行っています。3位の脳出血を含め、脳卒中はリハビリ継続のため、リハビリ病院への転院が多くなっているのが特徴です。
腎臓高血圧内科
 
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040080x099x0xx 肺炎 34 14.62 14.34 17.65 83.21  
110280xx99000x 慢性腎炎症候群 25 9.68 13.64 0 67.20
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 23 15.39 23.89 0 71.35  
腎高血圧内科では、救急当直担当の際の入院や原疾患として糖尿病、入院時に肺炎合併の方も多く、一番が「肺炎」になりましたが、腎不全の透析治療を筆頭に幅広い腎疾患に対応しています。
内分泌代謝内科
 
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病 教育入院 128 11.88 15.35 0 66.76
040080x099x0xx 肺炎 24 15.08 14.34 4.17 81.83  
100180xx99000x 原発性アルドステロン症 検査入院 15 7.47 6.55 0 56.87  
内分泌代謝内科では、患者さんの数の多さと相関して「糖尿病」の教育入院が一番です。
一般の方には意外と知られていない「高血圧」の原因となる内分泌疾患の検査入院が3番目でした。2番目の肺炎は、腎臓高血圧内科と同じ理由で多くなっています。
膠原病リウマチ内科
 
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
070470xx99x6xx 関節リウマチ インフリキシマブあり 95 2.37 2.91 0 66.68
070560xx99x0xx 膠原病 エンドキサンパルス療法等 70 21.53 18.15 2.86 66.36
070470xx99x2xx 関節リウマチ 精査入院 リハビリあり 24 23.13 26.73 0 75.75  
平成26年度のDPC調査において、関節リウマチの症例数は神奈川南部地域ではトップとなりました。膠原病リウマチ科では、膠原病の治療薬にあわせたパスを使用しています。リハビリテーションにも力を入れており、3番目に検査を含めたリハビリテーション入院が入りました。
小児科
 
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮,低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 111 6.42 6.17 1.80 0  
040100xxxxx00x 喘息 85 3.98 6.31 0 3.62
040080x1xxx0xx 小児肺炎、急性気管支炎 76 3.46 5.72 0 1.29
小児科は、周産期医療で重要な低体重児の障害に対する治療が1番でしたが、喘息、肺炎などの小児呼吸器疾患の入院が比較的多くなっています。
外科
 
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 114 3.46 6.79 0 64.54
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 結腸切除術  71 13.99 17.41 2.82 74.23
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 肺悪性腫瘍手術 44 11.30 13.03 0 67.48
外科は、悪性腫瘍の入院実績が多くなっておりますが、中でも乳がんは件数の多さだけでなく、在院日数が全国平均と比べかなり短いのが特徴です。現在は「乳腺外科」が独立して治療を行なっています。大腸がんや肺がんの手術でも患者さんに負担の少ない内視鏡下の手術を積極的に行い、在院日数が短くなっています。
整形外科
 
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 173 11.80 11.98 0 24.62
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 脊髄造影検査 167 3.45 3.11 1.20 69.71
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 脊椎固定術等 148 25.78 23.32 6.76 68.87
筋骨格系の疾患症例数は神奈川県でトップクラスの実績があります。症例を主に扱う整形外科は、「スポーツ整形」「脊椎脊髄」「人工関節」など専門性のより高い分野に対応するためグループで診療を行なっています。上記の疾患以外では股関節の人工関節置換術が142件と続きました。高齢の方に多い「大腿骨頚部骨折」は、治療後日常生活の改善を目指してリハビリテーションが可能な施設との連携を行なっています。
形成・美容外科
 
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂手術 36 3.75 3.54 0 71.61
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 32 7.00 6.14 0 55.22
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔,咽頭損傷を含む) 鼻骨骨折整復固定術等 21 4.57 5.86 0 28.71
形成外科では、眼瞼下垂を改善させる手術が一番多くなっていますが、良性腫瘍や顔面外傷(骨折など)を始めとして様々な対応を行っています。
脳神経外科
 
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160100xx97x00x 慢性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 77 7.47 10.02 7.79 77.58
160100xx99x00x 外傷性脳出血 手術なし 65 7.62 7.52 9.23 57.65  
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) エダラボンあり 42 18.55 18.08 42.86 74.98  
脳神経外科では、頭蓋内に血腫が貯留する「慢性硬膜下血腫」の手術が多くなっています。意識障害や脳梗塞に見られる症状が前面にみられますが、治療により非常によく改善をします。2番目は外傷性くも膜下出血や脳挫傷また、神経内科と共に脳梗塞の治療も積極的に行っています。
皮膚科
 
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 47 9.36 11.97 2.13 71.04
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 44 7.86 8.97 0 67.11
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚,皮下腫瘍摘出術 14 2.21 4.38 0 57.29
皮膚科では、「急性膿皮症」などの皮膚感染症の治療が多くなっています。特に「帯状疱疹」は、ご高齢の方では後遺症が起こりやすいため早期の治療を目指しています。
泌尿器科
 
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110070xx0200xx 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 152 8.97 7.59 0 76.18
11012xxx040x0x 腎尿管結石 体外衝撃波結石破砕術 42 2.29 2.89 0 61.36
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 35 14.20 14.03 0 69.26
泌尿器科では、表在性の膀胱がんに対する内視鏡的手術(TUR)を多く行っております。悪性度が高い場合には再度TURを行い、腫瘍の残存を確認し、膀胱全摘や放射線・化学療法など治療方針を決定します。腎尿管結石の体外衝撃波による結石破砕術は、開腹を行わず低侵襲で患者さんの負担が少なく、短期の入院で済むため多くの病院で行われています。前立腺がんの手術入院は3番目となっておりますが、集計の対象外となっている前立腺針生検での入院も含めると、症例では一番多くなります。
産婦人科
 
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 57 10.00 10.18 0 44.88
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 34 9.62 10.43 0 54.09
120140xxxxxxxx 流産 32 1.97 2.34 0 35.34
症例では子宮筋腫や卵巣のう腫などの良性疾患の手術入院が多くなりましたが、子宮頚部がんや卵巣がんの手術・化学療法目的の入院も多くの実績があります。
また集計対象外となりましたが、通常分娩や帝王切開など産科領域での入院が最も多く、地域の周産期医療に貢献しております。
眼科
 
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
020280xx97xxxx 角膜の障害 92 11.33 11.68 0 70.72  
020220xx97xxx0 緑内障 片眼 43 4.95 9.57 0 77.07  
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 29 7.10 7.99 0 71.62  
角膜移植は県下トップクラスの実績があります。こうした専門性の高い治療のほか、緑内障や網膜硝子体疾患など地域の急性期病院の眼科として幅広い疾患の実績があります。
耳鼻咽喉科
 
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴 116 7.97 9.60 0 60.11
030400xx99xxxx 良性発作性頭位めまい症等 69 5.78 5.31 0 66.80  
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 61 8.07 7.73 0 53.51
突発性難聴や発作性めまい症での緊急入院の症例が多くなりましたが、鼻副鼻腔疾患や頸部の良性腫瘍に対し積極的に手術治療を行っているほか、頭頸部の悪性腫瘍に対しても地域の医療機関と連携し適切な治療を行っております。
心臓血管外科
 
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050180xx97xx0x 下肢静脈瘤手術 122 4.01 3.46 0 65.93
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術等 36 7.86 5.99 2.78 75.22  
180040xx01x0xx 透析シャント不全 シャント造設術 31 8.97 13.14 9.68 69.81  
心臓血管外科では、「下肢静脈瘤手術」の件が多いのが特徴です。ストリッピング治療、レーザー治療と患者さんの状態にあわせた治療法を選択しています。動脈疾患では下肢の閉塞性動脈硬化症に対する手術、薬物、カテーテル治療とすべての治療に対応できるほか、腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術も行っております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
ファイルをダウンロード
 
 
 初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌 73 18 19 52 10 16 7
大腸癌 49 41 39 34 5 20 7
乳癌 81 51 5 6 0 12 7
肺癌 62 14 32 111 16 43 7
肝癌 12 12 10 14 6 27 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
がんのステージとはがんの進行度を表すもので、以下の3つの項目により決定します。

(1)がんの大きさや進展度がどのくらいか
(2)リンパ節への転移があるか
(3)他の臓器への転移があるか

胃がんはステージⅠが多くなっています。内訳をみると、消化器内科の症例が49件、外科が24件と早期の内視鏡的治療を受ける患者さんが多いです。大腸がんのステージⅠでは、ほとんど外科の病変部分の切除手術症例となります。
胃がん・大腸がんともステージⅡⅢの場合、外科にて手術を行います。また再発防止のため補助化学療法を行う場合があります。ステージⅣでも手術を行うこともありますが、転移したがんをすべて切除することは困難であることが多いので、化学療法が主な治療となります。

乳がんのステージⅠⅡの治療は手術が第一選択肢となります。当院では乳腺外科で手術を行っており、実績も多くなっています。温存手術の割合が高く、術後は再発防止のためホルモン療法、化学療法や放射線治療が補助療法として行われます。また、ステージの進んだ症例では、術前に化学療法を行い、腫瘍を小さくした上で手術を行うこともあります。

肺がんステージⅠⅡⅢの患者さんは外科で胸腔鏡などによる切除手術を行います。ステージⅢの一部とⅣでは呼吸器内科、または外科で化学療法や放射線療法を行います。肺がんは再発や転移の多いがんで、脳や骨への転移が多くみられます。ステージ不明の数が多いのは、治療前の検査入院が多く、入院中の評価が難しかった事が理由として挙げられます。

肝がんの治療法はステージだけでなく、肝機能の状態、がんの大きさや数によって選択されます。主な治療として、消化器内科にて肝動脈塞栓術とラジオ波焼灼療法、外科にて切除手術を行っております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等
ファイルをダウンロード
 
 
 患者数平均在院日数平均年齢
重症度 0 41 10.24 55.56
重症度 1 81 13.58 81.70
重症度 2 115 17.23 84.53
重症度 3 17 23.71 86.76
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 13 19.38 78.23
市中肺炎とは日常生活を送っている人が、病院・診療所の外で感染し、発病した肺炎のことです。
高齢者では症状がはっきりしない場合もあり、できるだけ早期に適切な抗菌薬を適切な量と期間で投与する必要があります。
市中肺炎の重症度は以下のA-DROPにより判定します。

(1)男性70歳以上、女性75歳以上
(2)BUN(尿素窒素)21mg/dlまたは脱水あり
(3)SpO2(血中酸素飽和度)90%以下
(4)意識障害(肺炎による)
(5)収縮期血圧90mmHg以下

重症度が高くなるにつれ、在院日数も長くなる傾向にあります。また、重症の肺炎では、高齢の方や糖尿病・がんなどの基礎疾患を持つ、抵抗力が落ちている患者さんが多い傾向にあります。
脳梗塞のICD10別患者数等
ファイルをダウンロード
 
 
ICD10傷病名発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率(%)
G45$一過性脳虚血発作及び関連症候群3日以内 17 5.29 76.29 0
その他        
G46$脳血管疾患における脳の血管(性)症候群3日以内        
その他        
I63$脳梗塞3日以内 269 24.02 76.74 39.03
その他 14 15.93 74.14 21.43
I65$脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの3日以内 - - - -
その他 21 10.05 73.24 0
I66$脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの3日以内        
その他 - - - -
I675もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>3日以内        
その他 - - - -
I679脳血管疾患,詳細不明3日以内 - - - -
その他        
脳梗塞とは脳の血管が詰まることにより、脳組織が壊死してしまう病気で、日本人の死亡原因の中でも高い順位にある疾患です。当院では脳梗塞は神経内科と脳神経外科において入院治療を行います。
平成27年度はICD-10でI63$に分類される、3日以内発症の急性期脳梗塞症例が8割以上を占める結果となりました。患者さんはいわゆる後期高齢者の方が多く、平均在院日数は24日で、薬物治療と手足の麻痺や言語障害に対するリハビリテーションを行います。また、退院患者さんのうち、4割弱の方はリハビリ継続目的で、リハビリ専門病院へ転院されています。脳梗塞は発症から4.5時間以内であればt-PA(血栓溶解療法)が有効で、当院でも平成27年度15件の実績があります。

※ICD-10・・・WHO(世界保健機関)が作成した、国際的な疾病分類です。
※t-PA・・・アルテプラーゼという薬剤を静脈内に点滴して脳血管に詰まった血の固まりを溶かす治療法で、米国で行われた臨床試験ではt-PAを行った患者の39%がほとんど障害のない状態にまで回復しました(使わなかった場合の1.5倍高くなります)。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
ファイルをダウンロード
循環器内科
 
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 109 2.44 3.82 0.02 70.28
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 68 2.06 2.37 0.00 65.21
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 51 0.00 12.37 0.02 69.59  
循環器内科では、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など)に対する経皮的冠動脈ステント留置術(その他)(急性心筋梗塞)といった心臓カテーテル治療の症例数が多くなっています。心臓カテーテル治療は、腕や足の血管から心臓まで管を通して病変を治療する方法です。即日入院して緊急で行う場合や検査と同時に行う場合、検査から日数を空けて行う場合、検査して一旦退院してから再入院して行う場合など患者さんの状況に合わせて様々なタイミングで手術が行われます。また心房細動に対する経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ)の症例数も次いで多くなっています。経皮的カテーテル心筋焼灼術とは不整脈を引き起こす異常な心臓内の局所をカテーテルで焼灼して正常なリズムを取り戻す治療です。
消化器内科
 
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 524 0.13 1.51 0.00 67.95
K654 内視鏡的消化管止血術 88 0.72 9.98 0.02 71.33  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 61 3.03 12.69 0.02 74.82  
消化器内科では、内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)が最も多くなっています。クリニカルパスに沿ったポリペクトミー(内視鏡的ポリープ切除術)目的の2泊3日入院が基本になります。次いで吐血(口から血液を吐く)や下血(肛門から血液が出る)などの消化管出血を止めるために行う内視鏡的消化管止血術が最も多くなっています。3番目に胆道疾患や膵臓疾患に対して行われる手術である内視鏡的胆道ステント留置術の症例数も多くなっています。これは様々な病態で狭窄した胆道にチューブを通して拡張し、胆汁の流れを良くする手術です。この手術は、胆石症に対する内視鏡的胆道結石除去術などの他の手術の前段階として行われることも多く、術後日数が長くなる傾向にあります。当院は日本消化器病学会および日本消化器内視鏡学会の指導施設に認定されており、内視鏡検査は全て最新の機種で行っています。
外科
 
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 114 1.04 1.42 0.00 64.54
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 81 1.70 2.77 0.00 60.33
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 48 5.19 15.46 0.04 73.42
外科では、近年の日本女性の悪性腫瘍のなかでは最も頻度の高い乳がんに対する乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない))が最も多い手術になっています。また平均術後日数が非常に短く、その為入院期間が全国平均在院日数よりも約2日程短くなっています。胆嚢炎や胆石症などの胆嚢疾患に対して、胆嚢摘出術を行っています。急性胆嚢炎を起こされた患者さんは、まず内科的な治療で炎症を改善させて一旦退院し、改めて外科に手術目的に再入院するケースが典型的です。胆嚢摘出術は腹腔鏡視下で試行されることが多く、手術に対する患者さんの負担をできるだけ小さくするように努めています。 大腸癌に対する結腸切除術が3番目に多い手術になっています。
整形外科
 
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 168 5.26 23.37 0.14 68.86
K0821 人工関節置換術(股) 149 2.28 20.48 0.12 66.70
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 123 1.00 11.86 0.00 24.81
整形外科では人工関節置換術が最も多い手術で、変形性股関節症、変形性膝関節症等に行われます。長年の使用や繰り返される負担、けが等によって、関節がすり減ったり、骨の変形が生じたりする病気です。次いで脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定)が多い手術です。不安定な脊椎に対して、自分の骨やプレート、スクリューなどで固定します。関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯)は関節鏡を使用して断裂した靭帯の再建を行います。前十字靭帯損傷は自然治癒しない為手術を行います。スポーツで起こる疾患な為平均年齢が低くなっています。
形成美容外科
 
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) 19 1.42 3.58 0.00 53.68
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 18 0.00 2.61 0.00 72.83
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) 17 0.00 2.82 0.00 71.71
形成美容外科では四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹)が最も多い手術となっています。四肢や躯幹に発生したはれもの、できものを摘出します。眼瞼下垂症手術が次いで多くなっています。眼瞼下垂症とはまぶたが上がりにくい状態であり、視野障害を来たすまぶたを修復する手術を眼瞼下垂症手術といいます。当院において美容目的では行っていません。
脳神経外科
 
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 68 1.21 9.29 0.10 79.51
K1742 水頭症手術(シャント手術) 29 2.45 16.83 0.17 71.93
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 18 1.72 30.67 0.28 63.11  
脳神経外科の2015年(1月~12月)の入院患者数は560人でしたが、そのうち頭部外傷が191人、ほとんどが脳卒中患者である脳血管障害が206人です。これらの患者さんの多くは救急患者で、当科はこのような地域医療のニーズに答えられるよう24時間365日の救急対応を行っております。
頭部外傷の手術は、慢性硬膜下血腫(高齢の方が転倒などで頭部打撲をした後しばらくして頭蓋骨内で脳の外側に起きた出血が貯まってしまう状態で血腫を洗浄することにより回復します。)が、高齢化に伴い多いですが、受傷直後の重傷頭部外傷(急性硬膜下血腫、急性硬膜外血腫他)の緊急手術にも対応しております。
脳動脈瘤治療については、動脈瘤が破裂してくも膜下出血を来し救急搬送される方が多いです。一方、破裂する前に発見された場合(未破裂脳動脈瘤)、予防的な治療も多く行っております。治療には、開頭脳動脈瘤クリッピング術と脳血管内手術(コイル塞栓術)があり、当科は個々のケースにより適切と考えられる方法を選択しております。2015年は、1か所のクリッピング術が18件で、それ以外に2か所以上のクリッピング2件、血管内治療が4件でした。脳動脈瘤患者さんも増加傾向ですが、脳血管障害について最近増加しているのは、内頸動脈狭窄症という脳循環に大きな悪影響が生じ、脳梗塞の原因となる疾患の症例で特に紹介が増加しております。内頚動脈内膜剥離術12件、頸動脈ステント術3件で、治療予定の患者さん、外来にて経過を見ている患者さんが多数おられます。
また、救急以外に主に紹介で外来診療され入院となった患者は、年間脳腫瘍50人、水頭症約40人いらっしゃいました。
特発性正常圧水頭症は、高齢者に多く歩行障害、排尿障害、認知症を来す疾患ですが、7見逃されていることがしばしばです。比較的体力的な負担の少ない手術で改善が期待できるケースが多く存在します。診断や治療適応の決定には充分な経験と知識が必要ですが、きちんと評価して治療を進めております。
また、脳腫瘍は、発生部位により発症形式は異なり、進行が早いこともしばしばなので早期に診断することが重要です。脳腫瘍についても髄膜腫、神経膠腫、神経膠芽腫、神経鞘腫など幅広く対応しており、手術から、放射線療法、化学療法まで集学的治療を行い、例年20~30例ほど施行しております。(2015年度は18例)経過の厳しい患者さまの治療は、専門性の高い施設ですと経過途中で終了となることがしばしばですが、当科はご家族とともに可能な限り継続して治療を行って参ります。
当科の目標は、一番に地域の方々の要請に答えるであり、地元で安心して受けられる治療を提供できるよう今後とも努力して参ります所存です。
皮膚科
 
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 21 0.00 6.33 0.00 79.19
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 11 0.00 1.00 0.00 46.18
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - - - - -
皮膚科で最も多い手術は皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)で皮膚がんに対する手術です。次いで良性、粉瘤の摘出術になります。
泌尿器科
 
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 154 1.48 7.88 0.01 76.22
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 55 0.22 4.55 0.00 70.05
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 42 0.48 1.67 0.00 61.57
泌尿器科で最も多い手術は膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他)です。開腹せずに手術用内視鏡をもちいて膀胱腫瘍を切除します。開腹手術に比べて簡便で身体的負担が少ないことが特徴です。次いで多いのが経尿道的尿管ステント留置術です。腎臓と膀胱をつなぐ管である尿管が腫瘍、結石など何らかの原因で狭くなったり、塞がってしまったりする状態を改善するための治療です。体外衝撃波腎・尿管結石破砕術は尿路結石を衝撃波により細かく砕き、体外への排出を容易にするための治療です。
産婦人科
 
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K877 子宮全摘術 56 1.2 8.0 0 48.8
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 41 0.9 4.6 0 40.1
K877 子宮頸部(腟部)切除術 33 1.0 1.0 0 39.8
産婦人科で最も多い手術は帝王切開術です。平均手術前日数が長いのは切迫早産等の分娩前の管理入院の方が数名いて、手術前日数が長くなっている為です。管理入院の方を除けば入院翌日に手術をします。分娩は予約制をとっていますが、予約制限はなく基本的に全て受け入れている為です。自然分娩も含めて合計すると433件になります。子宮筋腫や子宮腺筋症に対する膣や靭帯、卵巣、卵管といった子宮周辺の臓器は残し子宮体部だけを切除する「腹式単純子宮全摘出術」が次いで多くなっています。また子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌などの悪性腫瘍に対する手術も42件の実績があります。
眼科
 
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 801 1.47 1.85 0.00 75.35
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 90 0.93 6.04 0.00 69.67  
K259 角膜移植術 82 1.74 10.60 0.00 70.37  
眼科で最も多い手術は水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他)です。目の中の水晶体が濁ってくる白内障に対する手術です。次いで多いのが硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む)で増殖糖尿病網膜症や網膜剥離、黄斑円孔などの網膜硝子体疾患に対する手術です。3番目に多いのは角膜移植術で難症例まで対応しており、県下トップクラスの実績を誇っています。
耳鼻咽喉科
 
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 62 0.98 6.82 0.00 22.95
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 45 1.18 6.20 0.00 55.60
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 39 0.18 5.23 0.00 39.62  
耳鼻咽喉科の手術で最も多いのは、慢性扁桃炎に対する口蓋扁桃手術(摘出)です。また副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術)、扁桃周囲膿瘍に対する扁桃周囲膿瘍切開術が続きます。
心臓血管外科
 
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 69 0.0 1.1 0.0 71.0
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 62 2.4 9.3 6.5 74.2  
K617-2 大伏在静脈抜去術 50 2.7 2.0 0.0 59.2
心臓血管外科では下肢静脈瘤血管内焼灼術が最も多くなっています。下肢静脈瘤に行う手術で逆流している静脈の内側をレーザーの脈熱で焼いて閉塞させてしまう治療です。下肢閉塞性動脈硬化症に対して四肢の血管拡張術・血栓除去術を行っています。四肢の血管が狭くなっていたり、途中で詰まっている四肢の血管に対して風船のついたカテーテルを入れ血管を広げる手術です。大伏在静脈抜去術も下肢静脈瘤に対する手術ですがソケイ部を切開して大伏在静脈根部の枝を全て処理します。大伏在静脈の枝を完全に処理する為、数年後のこの枝からの再発の心配がありません。四肢の血管拡張術・血栓除去術、大伏在静脈抜去術の平均手術前日数が長いのは、併存症の治療をしてから手術をする患者さんがいる為で、基本的には入院翌日に手術を行っています。また心臓に対する開胸手術やカテーテルも62件の実績があります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
ファイルをダウンロード
 
 
DPC傷病名入院契機症例数発生率(%)
130100播種性血管内凝固症候群同一 8 0.06
異なる 21 0.15
180010敗血症(1歳以上)同一 76 0.54
異なる 26 0.19
180035その他の真菌感染症同一 3 0.02
異なる 3 0.02
180040手術・処置等の合併症同一 108 0.77
異なる 12 0.09
播種性血管内凝固や敗血症は、DPCで高額な点数が設定されている(入院医療費が高くなる)ため、アップコーディング(不適切な入院医療費の請求)が常に懸念されるDPC病名であるとされています。
当院では請求病名のチェックを診療情報管理士が行っており、臨床的に根拠のある診断であるかを確認しています。厚生労働省による平成26年度の全国のDPC対象病院データ集計では全症例に対する割合は播種性血管内凝固が0.17%、敗血症が0.56%となっており、当院の請求割合は若干高いものの、同程度の水準となっております。播種性血管内凝固は入院契機病名と異なる件数が多くなっておりますが、これは入院時の検査データと、手術等治療後の検査データをあわせて診断するからです。
手術・処置の合併症では透析シャントの機能不全が52件と最も高く、手術・処置後の感染が21件、手術後の出血が15件と続いています。臨床上ゼロにすることは難しいですが、医療の質の向上のため、可能な限り改善に努めてまいります。

※DPC6桁分類・・・DPCコードとは傷病名、手術・処置の有無、副傷病名の有無など重症度によって決定される診断群分類を14桁の番号化したもので、冒頭6桁は疾病コードと呼ばれ最も医療資源を投入した傷病名を表します。

※播種性血管内凝固・・・感染症や悪性腫瘍により、血液が固まる力が強くなり、全身の血管内で血栓が多発し、臓器不全など重篤な症状を引き起こす病気です。

※敗血症・・・感染症を引き起こしている臓器から血液中に病原体が入って全身に回り、全身の炎症を引き起こす病気です。

看護師募集

研修医募集

職員募集

PAGETOP