来院される皆様

緩和ケアチーム

緩和ケアとは

緩和ケアとは「患者に対する積極的で全人的なケアであり、痛みその他の症状のコントロール、心理面、社会面、精神面のケアを含み、癌末期のケアだけでなく、癌と診断のついた時から癌の治療の過程においても適応されるべきケアである」とされています。つまり、単に身体症状のコントロールだけでなく、心のケアも同時に行ない、患者さまやそのご家族の方々を支援することで、できる限り皆さまにより良い生活の質を提供しようとするものです。

当院の緩和ケアチームについて

当院では入院中の患者さまに対して、主治医、担当看護師だけでなく、他のいろいろな職種の人たちが協力して「緩和ケア」を行なう医療チームとして「緩和ケアチーム」が活動しています。また退院されたあとも必要に応じてそのケアを継続していきます。

緩和ケアチームを構成する人々

患者さまの今までの主治医の先生、受け持ちの看護師に加え、以下のような多くの職種で患者さまやご家族の皆さまの支援をさせていただきます。

  • 身体的症状、精神的症状の緩和を担当する医師
  • 緩和ケアを担当する看護師
  • お薬の使い方を指導する薬剤師
  • 食事に関する相談をお受けする管理栄養士
  • 日常生活動作の障害に対し指導、訓練する理学・作業療法士
  • 経済的、社会的、心理的な問題を担当するソーシャル・ワーカー
  • その他症状にあわせた専門の職員

活動内容

患者さま、ご家族の方々に対して

  • 患者さまの体のつらい症状(痛み、息苦しさなど)の緩和
  • 不安、不眠などの精神的、心理的な苦しみへの対応
  • インフォームド・コンセントに関するサポート
  • 患者さまやご家族の方々のさまざまな悩みの相談(医療費や福祉制度について、これからの闘病生活や介護に関する不安、心配事、社会的な問題など「なんだか心配」なことを一緒に考えていきます。)
  • 在宅医療へ向けての支援
  • リハビリテーション(日常生活動作の障害に対しての指導をしたり、訓練を行なったりします。)
  • お薬の服用にあたってのご相談(薬の使い方の説明や副作用対策を行ないます。)
  • 患者さまへの食事指導、食事相談(おもに食事の形態や食欲不振などに関する相談を承ります。)

定期的に担当者が訪室してお話をうかがい、チーム内でケアの状況を検討し、より良いケアを目指します。

職員に対して

  • 緩和医療教育の啓蒙・普及

その他

  • 緩和医療に関する情報の収集など

緩和ケアを受けるには

1.患者さまやご家族の方からご希望されるときは、まず主治医または看護師にご相談ください。
2.主治医、看護師が緩和ケアチームと連携してケアを提供させていただいたほうが患者さまのために適切である、と判断したときには患者さまやご家族の方に相談させていただくことがあります。

その後、主治医、看護師は緩和ケアチームに依頼書を提出します。依頼をうけたチームの担当者が病棟にお伺いし、情報を収集したのち治療のための計画書を作成します。
患者さま、ご家族の方に説明を行ない、同意を得た上でチームとしてのケアが始まります。ただし、緊急の場合はその限りではなく急いで対応します。治療に関しては原則的には主治医の方針に従いますが、必要に応じて主治医や看護師にさまざまな助言、提案をしています。

看護師募集

研修医募集

職員募集

PAGETOP