来院される皆様

感染制御チーム

 

感染制御チーム(ICT)とは

Infection(感染)Control(制御)Team(チーム)の頭文字をとってICT(アイシーティー)と言います。 病院には、感染症にかかっている人と抵抗力がなく感染症にかかりやすい人が同じ建物の中にいます。また、感染症を治すために抗菌薬がしばしば使用されますが、それら抗菌薬が効かないような菌(耐性菌)がいる可能性もあります。 そのような医療環境の中で感染症が起きないよう予防したり、感染症の発生をできるだけ早く発見し、また感染症が起きたとしても、周囲に拡げないよう『感染制御チーム』が活動しています。

医師、看護師、薬剤師、検査技師、リハビリ、放射線技師、医療事務など多くの職種の職員がそれぞれに得意とする分野を分担し、感染予防と早期発見、拡大防止策を講じ、当院の理念に基づいた安全で良質な医療を提供することを目的としています。

ICTの活動

1.院内感染症のサーベイランスと評価
医療器具に関連したものや院内で発生した感染症、病院感染対策上問題となる微生物について以下のサーベイランス(調査・監視)を実施し、感染防止のために活用しています。
 
(1)    耐性菌(週報、月報)
(2)    中心静脈カテーテル関連血流感染
(3)    人工呼吸器関連肺炎(必要時)
(4)    血液・体液暴露
(5)    手術部位感染(半期報)
(6)    尿道留置カテーテル感染(必要時) 

これらの感染症サーベイランス情報は、毎月、院内各部門の責任者をメンバーとする院内感染対策委員会に報告され、情報の共有および協議を行っています。
  
※感染症サーベイランスとは、感染症の発生状況を調査、集計することにより、感染症の蔓延と予防に役立てるシステムのことです。

2.抗菌薬使用の適正化
抗MRSA薬、カルバペネム系薬など特定の抗菌薬の使用実態の把握と、同一抗菌薬を1週間以上連続使用する患者を監視しています。
これらの情報を毎週、感染制御室カンファレンスで協議し、必要に応じて病棟ラウンドを行い、適正使用に向け介入しています。

3.院内ラウンド
ICTメンバーが毎月、院内環境ラウンドを実施し、現場の感染管理状況の監視、指導を行っています。
また、毎週、抗菌薬適正ラウンドを実施し、抗菌薬の長期投与者、耐性菌検出者、血液培養陽性者の監視、指導を行っています。
その他にも、感染対策が必要な時には随時病棟介入を行っています。

4.感染管理教育の実施 
全職員を対象にした年2回の講演会と、手洗い手技を習得する講習会(年2回)を開催しています。また、医師、看護師、コメディカル、事務部門への部署ごとの感染管理教育研修や地域の医療関係者にも参加を呼びかけた研修を開催しています。
 
5.感染対策マニュアルの作成と改訂
感染症法やCDCガイドラインに基づく感染対策マニュアルの作成と改訂を行っています。

6.職業感染防止対策の実施
針刺し・切創防止対策、インフルエンザ等のワクチン接種について、啓発活動を行っています。

7. 地域医療施設との連携
感染防止対策加算I施設として、地域医療施設と感染に関する合同カンファレンスを開催し、感染に関する相談・指導を行っています。(4回/年)。
また、近隣の感染防止対策加算Ⅰの病院との相互ラウンドと評価を行い、現状を客観的に把握し、当院における感染対策の底上げと強化を目的に活動しています。

8. 管理者、院内感染対策委員会への報告
活動内容について随時感染制御室と情報を共有し、院内感染対策委員会に報告を行い、病院管理者が感染対策の状況を把握しています。

ICTメンバーの紹介

・医師…3名(ICD 2名)
・看護師…8名(感染管理看護師 1名)
・薬剤師…2名 
・臨床検査技師…2名
・管理栄養士…1名
・理学療法士(作業療法士)…1名
・診療放射線技師…1名
・事務員…1名

看護師募集

研修医募集

職員募集

PAGETOP