来院される皆様

褥瘡対策チーム

褥瘡(じょくそう)対策チームとは

寝たきりの状態で寝返りが打てなかったり、同じ体勢をとって動かなかったり、栄養状態が悪くやせて骨が出たりしていると、その部分に体重がかかったままの状態になり部分的な血のめぐりが悪くなり、皮膚が赤~黒く変色して傷ができます。これを褥瘡、もしくは床ずれと呼びます。ひどくなると、熱が出たり、膿がでたりして命に関わることもあります。褥瘡対策チームでは、入院中の患者さんの褥瘡発生を予防し、発生した褥瘡に対しては、すみやかに治療ができるようにサポートします。褥瘡は100%予防できるものではありません。癌の末期の方ではご病状によっては、寝返りよりも痛みなどの症状の緩和を優先するといったこともあります。褥瘡対策チームでは、主治医、受け持ちの看護師と連携して、患者さん一人一人の状況から最も有効な対策や治療法を検討・実施しています。

当院の褥瘡対策チームについて

当院では入院中の患者さんに対して、いろいろな職種の人たちが協力して「褥瘡予防・治療」を行う医療チームとして活動しています。

褥瘡対策チームの構成

主治医、受け持ち看護師に加え、以下の職種で患者さんやご家族の皆さまの支援を行っています。
・形成外科医(創傷治癒を専門とする医師)
・皮膚科医 (皮膚を専門とする医師)
・内科医(全身状態に関する事を専門とする医師)
・皮膚・排泄ケア認定看護師(皮膚と創傷治癒を専門とする看護師)
・NST専門療法士(栄養管理を専門とする看護師)
・管理栄養士(適正な栄養管理を行う栄養士)
・理学療法士(身体機能に応じたリハビリを行う理学療法士)

活動内容

褥瘡の予防・治療
エアーマット、車いす用クッション、専用の枕等を利用し、体重が一ヶ所に集中しないよう管理を行います。
必要に応じて、褥瘡チームが回診を行い、創の状態を診察し適切な治療方法の指導を行います。
患者様に応じて、適切なリハビリテーションの提案、指導を行います。
傷を治すための適切な栄養管理(食事の取り方や、補助食品等の検討)を行い、必要に応じて食事相談や食事の指導等を行います。
在宅医療に向けての支援や相談なども行っています。

また、チームとして褥瘡予防・治療に関する最新の情報の収集、職員全体にスキンケアや予防・治療に関する教育・啓発活動を行っています。

看護師募集

研修医募集

職員募集

PAGETOP