私たちの活動-横浜南共済病院 先輩看護師の声や環境、看護部行事などを紹介

認定看護師の紹介

認定看護師の紹介

感染管理認定看護師 E・I

●仕事内容

病棟スタッフとしての病棟勤務及び感染認定看護師としての活動をさせていただいております。現場において看護ケアの現状を踏まえた感染対策の実施を検討しています。

●取り組み

外科病棟でSSI(手術部位感染)サーベイランスの実施と、病院内の職員に対する感染管理教育を主に行っております。ICTメンバー‐と協力しながら、日々の感染活動を行い安全な療養環境の整備と感染拡大防止に努めていきたいと思っています。

●将来のビジョン

近い将来の展望としては、感染対策について病院内職員を対象に勉強会プログラムを作成し企画・運営をしていきたいと思います。また、病院感染の基本は、標準予防策を実践することが重要です。簡単なようで難しい標準予防を実践できる病院を目指したいと思います。

感染管理認定看護師 伊藤 恵美

感染管理認定看護師 Y・T

感染管理認定看護師 土田 陽子
インタビュー
●仕事内容

人々を感染から守るために、感染管理のための指針やマニュアルの作成、サーベイランスの実施、感染管理に関する研修や教育、当院の状況に合った効果的な感染防止対策の導入や評価、職業感染管理、感染管理に関する院外からの情報提供を行なっています。

●取り組み

取り組みの一例として、昨年度は多剤耐性アシネトバクターによる感染症が世間でクローズアップされ、当院でもこれを機に、以前から問題と感じていた人工呼吸器に関する物品に着目し、バイトブロックの取り扱いについて見直しを行いました。また、この取り組みは私一人で行うのではなく、現場のリンクナースやICTメンバーの協力を得ることで実現しました。

●将来のビジョン

念願の感染制御室が設置され、専従として活動をしていますが、感染制御室員である、医師、薬剤師、検査技師とともに、看護部にとどまらず、すべての職員が感染対策の基本である標準予防策を実施できることを目指していきたいと思います。

集中ケア認定看護師 H・M

●仕事内容

重症急性期にある患者様に対して、治療の効果が最大限となるように、医師と日々話し合いながら看護を行っています。また、合併症を起こさず回復することができるように早期からリハビリを開始できるように取組んでいます。患者さんだけでなく、突然家族が倒れて不安が大きいご家族への精神的なケアも行っています。

●取り組み

・RST(人工呼吸器サポートチーム)に所属。週に1回院内ラウンドを行っています。
・各病棟から相談依頼があり、重症急性期の患者に対して行う看護ケアに関する勉強会の開催や技術指導を行っています。
・ICUでは、せん妄予防プロジェクトチームを立ち上げ、チームリーダーとして取り組んでいます。

●将来のビジョン

集中ケア領域でのリンクナースの育成を行い、病棟でも、重症急性期の患者の質が高めることができるようにしていきたいと考えています。

集中ケア認定看護師 三浦 広美

集中ケア認定看護師 F・K

集中ケア認定看護師 北原 富美子
●仕事内容

集中ケア看護とは、生命の危機的状況にある患者さんや家族のケアを行う看護です。重篤化を回避し、 1日も早く社会復帰できるようフィジカルアセスメントを駆使し、専門的知識・技術を用いて看護を実践しています。またメンタルケアアセスメントに基づき、患者さんや家族の精神的サポートを行なっています。

●取り組み

呼吸ケアサポートチームに所属し週1回の病棟ラウンドでアセスメントやケアについて実践、指導を行っています。またNST委員会にも所属し活動を行なっています。患者さんの呼吸・循環・代謝の問題に対しチームの一員としてコメディカルと協同しながら行なっています。

●将来のビジョン

現在は循環器センターに所属し、実践を通しスタッフの教育・指導を行っていますが、クリティカルケアを必要とする患者さんは全病棟にいらっしゃいます。今後、病棟ラウンドを行い実践・指導を行い病棟全体の看護の質の向上を目指していきたいと考えています。

皮膚・排泄ケア認定看護師 E・S

●仕事内容

泌尿器科・心臓血管外科・形成外科病棟に所属しています。1年目の認定看護師として、病棟内のストーマ、褥瘡、下肢潰瘍、スキントラブルに対するケアを実践しています。ウロストーマ外来の運営に携わり、外来でのストーマケア、オストメイトの生活支援に努めています。

●取り組み

所属部署での相談、教育、実践。褥瘡対策委員会、ストーマ委員会、NST企画に参加。

●将来のビジョン

今後もW・O・Cケアの実践を積み、患者ケアだけでなく、実際にケアを行っているスタッフのサポートができる認定看護師になりたいと思っています。活動日が得られたら、ウロだけでなく、コロストーマ外来にも携わり、地域のオストメイトと関わって行きたいです。

皮膚・排泄ケア認定看護師 島田 恵美

皮膚・排泄ケア認定看護師 E・K

皮膚・排泄ケア認定看護師 菊池 絵里
●仕事内容

看護部に所属し、褥瘡管理の専従者として、ハイリスクな患者の予防ケアやケア用品の管理、チーム回診をしています。またスキンケア、創傷ケア、ストーマ・失禁ケアに関して問題が生じた際に、依頼があった病棟や外来に赴いて、直接ケアをしています。

●取り組み

褥瘡対策委員会やストーマ委員会・外来、定期的な学習会などを通して、知識技術の普及に努めています。また、がん性創傷の管理に力を入れています。緩和ケアチームとも共同しながら、創傷ケアから全人的なアプローチにつなげていくよう心がけています。

●将来のビジョン

今年、新しい皮膚・排泄ケア認定看護師が1名増えたので、フットケア外来や創傷外来など地域密着型の病院として在宅患者のフォローができる場所を提供していければと思っています。

がん化学療法看護認定看護師 S・I

●仕事内容

現在は血液・呼吸器・神経内科病棟に勤務しています。院内の入院化学療法では最も件数の多い病棟です。日々がんの患者様と関わり投与管理や副作用対策のマネジメントなどを行なっています。病棟の勉強会なども行っています。

●取り組み

認定看護師の活動日には外来化学療法センターにも顔を出しています。病棟以外でも外来でがん化学療法を受ける患者様のセルフケア支援や副作用マネジメントができればと思っています。

●将来のビジョン

病院全体の看護師のがん化学療法に対する知識が向上し、安全・確実・安楽にがん化学療法看護が提供できるようにしたいと考えています。

がん化学療法看護認定看護師 井村 沙耶花

糖尿病看護認定看護師 C・O

糖尿病看護認定看護師 小川 千佳子
●仕事内容

入職後、腎高血圧・内分泌代謝内科病棟、精神・神経科病棟を経験し2007年認定看護師を取得しました。現在、内科外来に所属し外来業務を行っています。

●取り組み

外来業務をしながら、糖尿病をお持ちの患者さんヘインスリン指導・血糖測定指導・フットケアなど療養支援や看護師対象の院内糖尿病看護勉強会を企画運営しています。

●将来のビジョン

インスリン指導、フットケアなどを行なう療養支援外来を開設したいと思っています。コメディカルスタッフと協働で企画運営した糖尿病に関連した勉強会の開催を考えています。

緩和ケア認定看護師 N・M

●仕事内容

緩和ケア専従看護師として、入院中は「緩和ケアチーム」として多職種と連携しながら介入し、退院後は「緩和ケア外来」で入院中から退院後も、継続した緩和ケアが提供できるようにチームで活動を行っています。

●取り組み

がん等でトータルなケア(身体的・精神的・社会的・スピリチュアル)を必要としている人々が、その人らしく生きるためのケアを一緒に考えていき、関わっている医療従事者も含めたケアが出来るように、取り組んでいきたいと思います。

●将来のビジョン

がん医療の早期から緩和ケアを必要とする悪性腫瘍患者・家族のQOL(生活の回の維持・向上を目的とし、継続して緩和ケアを提供、支援していくことができればと考えています。

緩和ケア認定看護師 松村 奈留美

緩和ケア認定看護師 K・O

緩和ケア認定看護師 大八木 恭子
●仕事内容

2005年に認定看護師になりました。現在は泌尿器科・心臓血管外科・形成外科の混合病棟に勤務し、がんの患者様に限らず辛い症状の緩和とチーム医療の実践を主体に活動しています。

●取り組み

緩和ケアチームコアメンバーの活動と緩和ケア外来を担当し、認定看護師会主催のスキルアップコース企画・運営、並びに緩和ケア委員会では緩和ケアの普及活動と活動評価を行っています。

●将来のビジョン

日々の実践・相談・教育を通して患者様・ご家族や共に働く仲間から学ぶことが多く、みんなに支えられて頑張っています。気軽に相談していただけるシステムと雰囲気づくりを目指し、仲間を増やしていきたいと思います。

緩和ケア認定看護師 K・S

●仕事内容

患者さんに対し、全人的苦痛(身体的・精神的・社会的・スピリチュアル(霊的)な苦痛)についてつらさを和らげる医療を行い患者・家族の社会的生活を支え、その人らしく過ごせるよう援助をします。
また、緩和ケアを提供する医療者にとっても心の負担が大きくなる場合は、医療者の心の痛みを傾聴し、共有しながら支援していきます。

●取り組み

緩和ケアのチームメンバーとして、入院中の患者・家族を全人的に捉え緩和ケアの提供を行います。症状緩和におけるケアについて、医療者への知識、技術の学習会を行っています。
在宅療養中患者・家族へ、緩和ケア外来において緩和ケアの提供・相談を行っています。

●将来のビジョン

最善を尽くしながらも、患者・家族の苦痛が緩和されない時、医療者はケアの難しさを感じることがあります。
そういった場合に、スタッフのケアとして身体的・精神的・社会的・スピリチュアルケアを提供し、支援していきたいと思っています。

緩和ケア認定看護師 佐藤 久美恵

がん性疼痛看護認定看護師 A・I

がん性疼痛看護認定看護師 石川 敦子
●仕事内容

所属部署における看護実践や、緩和ケアチームに所属しコンサルテーションスタイルによる相談を受けています。

●取り組み

緩和ケアチームの一員として、苦痛症状に対するアセスメントや関わる医療者の精神的なケアに繋がるような支援を心がけてきました。

●将来のビジョン

患者さんがどこで生活しても、がんによる苦痛症状が緩和され大切な時間が過ごせるように、関わる医療者による知識の差が最小限になるように関わりたいと考えています。
また、患者様やご家族が困つたときにすぐに相談できる窓口を充実させたいと思います。

緩和ケア認定看護師 M・T

●仕事内容

2012年に認定看護師になりました。現在は呼吸器内科病棟に所属しています。患者さんが、できるだけ苦痛が少なくその人らしく毎日を過ごせるように、医師や他のスタッフと話し合いながら看護実践をしています。

●取り組み

日々の看護実践を通して、病棟スタッフへの知識や技術の伝達に勤めています。また、他の認定看護師と協力して、院内で勉強会の企画・運営を行ったり、緩和ケア外来を担当し、退院後も緩和ケアができるように取り組んでいます。

●将来のビジョン

院内に様々な分野の認定看護師がいるので、他の分野の認定看護師と連携して、疾患に関わらず、急性期からターミナル期まで継続して緩和ケアを行えるようにしていきたいと考えています。

緩和ケア認定看護師 田中 みどり

集中ケア認定看護師 H・T

集中ケア認定看護師 津内口 春美
●仕事内容

集中ケア認定看護師は、危機的状況下におかれたすべての患者さんや家族に対して、専門的な知識や技術を駆使し全人的な看護を提供する事を役割とします。現在は救急センター内(病棟・外来)でEBMに基づいたフィジカルアセスメントの実施と、入院時から、早期離床や早期社会復帰を目指し、異常の早期発見と合併症予防に努めています。

●取り組み

2013年3月に横浜南共済病院に就職したばかりです。2006年に集中ケア認定を習得し、以前は同系列病院の救命救急センターで仕事をしていました。一日でも早く職場になれる事が出来るように、新たな気持ちで仕事に取り組んでいます。

●将来のビジョン

現在は救急センターで仕事をしていますが、職場環境や仕事に慣れてきた頃には、救急センター内でのスタッフ育成と、いずれは組織縦断的に活動の場を広げていくことが出来たらと考えています。豊かな感性で患者さんや家族に接し、必要とされる看護援助を見出し提供することが出来るスタッフの育成に関わって行きたいと考えています。

救急看護認定看護師 T・M

●仕事内容

2013年に救急看護認定看護師になりました。現在は救急センター(病棟・外来)で勤務しています。救急では多種多様な疾病・外傷を有したあらゆるライフステージの患者とその家族が対象です。実践として救急患者の病態を的確にアセスメントし病状の重症化を未然に防ぐこと、患者に適したケアを行い、家族の反応を捉え臨機応変に支援していけるよう努めています。

●取り組み

2013年2月に救急センターは新棟に移りました。また2013年4月より救急科が新設され救急患者数は増加しています。救急外来での院内トリアージ導入を行い、現在もトリアージの精度が高まるよう改善に取り組んでいます。
そのほか、スキルアップコースの講義や各病棟から依頼された急変患者対応の勉強会を行っています。

●将来のビジョン

実践を通して救急センター内のスタッフと共に観察するチカラ、考えるチカラを伸ばし看護の質の向上を目指しています。今後は、院内の急変時対応の標準化や災害対策にも関わっていきたいと考えています。

救急看護認定看護師 前田 智香

がん化学療法認定看護師 K・H

がん化学療法認定看護師 平賀 久仁子
●仕事内容

現在、外来化学療法センターにおいて、患者さんが、安心して安全、確実に治療をすることができるように支援しています。日常生活を送りながら治療を継続していくことができるように、患者さんの気持ちに寄り添いながら、副作用マネジメントを行い、患者さんにあったセルフケア支援を行っています。

●取り組み

化学療法委員会に所属し院内における抗がん剤の安全な投与管理、レジメン審査・管理、職員に対する化学療法の教育・啓蒙、また地域の医師・看護師・他医療従事者に向けてがん診療に関する研修会の企画などを行っています。

●将来のビジョン

がん化学療法マニュアルを整備して周知できるように働きかけを行い、院内において統一した看護実践ができるようにしていきたいと思います。また、院内教育の選択コースにおいて「がん化学療法コース」が2014年度からスタートするため、知識・技術の向上を目指していきたいと考えています。将来的には、多職種が協働し、患者・家族が安心して治療を継続できるように、チーム医療体制を整えていきたいと思います。

集中ケア認定看護師 Y・T

●仕事内容

生命の危機状況にある患者さんやご家族に対し、個々に合う最適な看護の提供を行う役割を担っています。
患者さんが生活者であることを忘れずに早期の社会復帰を目指すため、アセスメントを行い、異常の早期発見、合併症の予防に努めています。

●取り組み

2014年に集中ケア認定看護師を取得しました。院内におけるRST (呼吸ケアチーム)の活動では人工呼吸器装着中の患者さんのケアをチームで支援しています。現在CCUに所属し、日々患者さんやそのご家族のアセスメントを行い病棟スタッフと共に看護を実践しています。
患者さんやご家族の力になれると信じ、知識を実践に繋げ心をこめて取り組んでいます。

●将来のビジョン

当院は地域の急性期病院であるため、各病棟で急性期医療を必要とする重篤な患者さんとご家族にあった質の高い看護を提供していきたいと考えています。

集中ケア認定看護師 冨田 由香

集中ケア認定看護師 T・K

集中ケア認定看護師 北上 智美
●仕事内容

2014年に集中ケア認定看護師を取得しました。現在循環器内科・心臓血管外科病棟に所属しています。所属部署はICU/CCUの後方病棟であり、退室された患者さんが再び重篤化することのないよう、また退院後も安心して生活できることを目標に支援に努めています。

●取り組み

病棟内での看護実践を通して、スタッフへの教育・指導を行っています。また、院内からの看護ケアの相談に対して、実践を含めた教育・指導を行っています。更に、院内のクリティカルケア勉強会の講師手伝いもしています。

●将来のビジョン

今年度からは院内におけるRST (呼吸ケアチーム)に所属し、一般病棟で人工呼吸器管理を継続される患者さんへのケアについて、実践を含めた指導を行う予定です。また院内の勉強会講師を担当し、自己研鑽にも努めていきます。
集中ケア認定看護師が果たす役割は治療の場所、病期を問わず、生命の危機状態にある患者さんやご家族に対し、専門性の高い看護を提供し、QOLを維持・向上していくことだと考えています。対象となる患者さんやご家族は全病棟にいらっしゃいます。認定看護師同士で情報を共有し、全病棟の看護の質が向上するように努めていきたいと思っています。

がん性疼痛看護認定看護師 H・N

●仕事内容

2014年に認定看護師を取得し、現在外科病棟に所属しています。所属部署における患者さんのがんの痛みからの解放をめざし、医師・スタッフ・多職種と協働し看護実践をしていきます。

●取り組み

患者さんへの看護実践を通して、病棟スタッフに疼痛をはじめとする苦痛状態の緩和の知識、技術の伝達を行っています。

●将来のビジョン

痛みは患者さんの日常生活を障害し、苦痛自体が脅威となり生活の質を低下させます。「がんの痛みからの解放」のために病院内のどこにいてもがん性疼痛看護の知識を持ち、患者さんとの対話を大切にする看護が受けられるようにスタッフの育成に関わっていきたいと考えています。

がん性疼痛看護認定看護師 行谷 裕美

集中ケア認定看護師 N・T

集中ケア認定看護師 田村 直美
●仕事内容

CCUに所属し、心筋梗塞などを発症したことで緊急入院となり、急激に非日常的な環境に置かれた患者様に対し、日常生活の援助を中心とした安全な看護の提供と退院後の生活を見越した情報の提供をしています。

●取り組み

まだ経験の浅い看護師が、教科書での学びと現場での実践を繋げることができるようアドバイスしています。患者様への看護の提供を支える多くの若い看護師の成長がチームを活気づけると信じ、看護援助の根拠を丁寧に説明し、できるだけ自ら実践して示せるよう心掛けています。

●将来のビジョン

高水準の医療を支える看護師の「看護の力」を形にしたいと思い、大学院修士課程で研究方法を学びました。これからは、蓄積されつつある看護の研究結果を実践へ応用することや、現場での疑問を研究へと結び付けていけるような活動をしていきたいと思っています。

 手術看護認定看護師 K・T

●仕事内容

2015年に手術看護認定看護師になりました。手術による二次的合併症を防ぎ、最小限の手術侵襲ですむように周手術期に携わっています。さらに、手術を受ける全ての患者さんとご家族が、安心して手術に臨めるよう支援しています。

●取り組み

手術室内での実践を通し、スタッフへ手術看護の指導を行っています。年に数回、手術室内で麻酔看護、手術看護倫理、手術看護技術等の勉強会を実施しています。また、手術に関する色々な相談にも対応していきたいと思っています。

●将来のビジョン

手術看護の実践を通し、考える力・感じる力を養い、質の向上を目指しています。また手術の意思決定から退院までの周術期を通し、外来・病棟看護師、麻酔科医師、各診療科医師と連携をはかり、チーム医療を強化していきたいと思います。将来的には、院内において周術期看護の勉強会を開催していきたいと考えています。

手術看護認定看護師 田中 佳那

集中ケア認定看護師 A・S

●仕事内容

現在、ICU/CCU病棟内のICUに所属しています。危機的状況、非日常的な環境で生活している患者さんや家族に対し、多職種と協働し、看護を提供しています。

●取り組み

日々の看護実践を通して、専門的な知識や技術を言語化し、スタッフ教育や指導を行っています。また、自己やスタッフ個々の看護観、想像力を高めるために、病棟スタッフと看護について語り合う場を設けるように心掛けています。

●将来のビジョン

患者さんの早期社会復帰、QOLの維持・向上のためには、専門性の高い看護の提供や「何かおかしい」と気づく力、他職種への情報発信と共有が必要だと考えています。院内勉強会が実践に活かせる学びの場となり、多職種の中で看護師が協働し、患者さんや家族の支えになれるようにしていきたいと思います。

乳がん看護認定看護師 T・A

●仕事内容

乳がん看護のスペシャリストとして、外科病棟スタッフとして、乳がん患者さんが安心して治療を受けられるように支援しています。

●取り組み

日々の看護実践や勉強会を通して、スタッフへ乳がん看護についての知識や技術の伝達を行っています。また、乳がん患者さんのサポートグループを通して、患者さんがその人らしい生活を送りながら、治療に向き合えるようにサポートしていきたいと思っています。

●将来のビジョン

近年、乳がん患者さんは増加の一途をたどっています。診断から治療、終末期に至るまで、それに関わる部門・担当者も多く、チームとして個々の患者さんをサポートすることが重要となっています。認定看護師として、外来・病棟・治療室スタッフと連携し、チーム医療の充実を図っていきたいと考えています。

認知症看護認定看護師 H・K

●仕事内容

病棟スタッフとして勤務を行いつつ、認知症看護認定看護師の活動をしています。
具体的には、全病棟を対象に認知機能が低下している患者さんへの看護実践およびアセスメントや看護計画立案のサポートをしています。

●取り組み

院内の「認知症ケアチーム」に所属し、週1回のラウンド・カンファレンスを施行しています。ラウンドでは対象となった患者様についての看護師からの相談・指導の役割も担っています。また、認知症を持つ人への理解を深めるために、3~4ヶ月に1回、研修会の企画・運営も行っています。

●将来のビジョン

ラウンドや研修会等を通して認知症看護の視点の更なる普及を行っていきたいと思っています。また、退院後も住み慣れた希望する場所で暮らし続けていけるように、地域包括ケアシステムの一部として、他職種・地域と連携し協働していく事を目指しています。