私たちの活動-横浜南共済病院 先輩看護師の声や環境、看護部行事などを紹介

先輩たちの声

看護教育室師長/河村いづみ 看護教育室師長 2009年

I・K(2009年 看護教育室師長)

教育責任者として、仕事における自己実現が図れるよう、全力でサポートしていきます

原石が輝きを放つまで、全力でサポートし続ける それが私たち看護部です

看護師長:川村さん

私たち看護部の特徴は、他の病院に先駆けて昭和62年に看護教育室ができ、20年以上看護師の教育・研修を専門的にバックアップしてきたことです。今では、看護教育室が単独にある病院は珍しくありませんが、いち早く独立させたことで、キャリアラダーシステムや院内教育プログラム、院外研修がとても充実しています。
新人看護師には3年間の徹底した集合研修を行い、看護師の基本となる知識・技術・態度を習得させ、患者さんに必要な看護サービスを学んでいただきます。3年後には、個人の希望に応じた教育・研修プログラムを選択できるようになり、より自主性を重んじた教育・研修へと進化していきます。

当院では、一人一人の個性を大切にし、自主性を尊重していきたいと思っておりますので、将来有望な看護師の皆さんの個性を活かし、原石が輝きを放つまで、しっかりとサポートしていきます。全員、夢や希望は千差万別ですので、その夢が実現できることが、私たちの大きな喜びとなっています。

また看護部の理念として「患者さん中心の安全で信頼できる看護の提供」を掲げていますので、患者さんに対して「やさしさ」と「確かさ」を持った看護師の成長を促しています。患者さんの立場に立って物事を考えられる看護師が数多くいる当院を今後も教育・研修担当者として、またお母さん的な立場として、育てていきたいと思っています。

将来の目標があり、素直で前向きに取り組める人は、必ず成長しています。

新人看護師として入職された多くの方を見てきましたが、最初から具体的かつ明確な目標を持った人が多いわけではありません。1年目、2年目、3年目と実際の現場で働きながら、教育・研修を受けていくことで、徐々に目指していきたい看護師像が明確になってきます。そのとき、人は予想以上の力を発揮するのではないでしょうか。明確な目標を早く描けるよう、私たちも応援していきます。

看護師として成長している人の特徴は、次の5つではないかと思います。

  1. 健康なひと
  2. 自分の気持ちを素直に伝えられる人
  3. 他人の意見を素直に聞き入れることができる人
  4. 成長欲がある人
  5. ストップルック(一旦立ち止まって落ち着いて考えること)ができる人

健康で、素直で、常に前向きに物事を考えられる人は、看護師として大きく成長すると思います。

人に関わる仕事はどんな職業でもそうかもしれませんが、相手を幸せにして、自分も幸せになることが重要であると考えます。自分自身の幸せのために仕事もプライベートも充実させて欲しいと思います。その環境が、この横浜南共済病院にある、と大きな声で宣言させていただきます。


あわせて読みたい先輩の声

看護師長

新人|2010年入職・看護師対談

N・M(看護教育室師長)

経験に学び、それぞれの看護師の個性を活かしたい。
患者さん中心の安全で信頼される看護を提供するために。

この記事を見る

このページのTOPへ