私たちの活動-横浜南共済病院 先輩看護師の声や環境、看護部行事などを紹介

先輩たちの声

新人|2010年入職・看護師対談 働きやすい環境が整っている。素直にそう思えた病院です。

左:T・N 神奈川県立保健大学保健福祉学部(看護学科)卒業
右:E・A 神奈川県立保健大学保健福祉学部(看護学科)卒業

就職活動中は何かと不安を抱えているもの

どのような病院で働きたいのか、看護師としてどのように成長していきたいのかなど、人生の中でこの時期にしか経験できない悩みも多いはずです。
そこで、2010年春に入職した新人看護師から現在就職活動をしている皆さんへ、就職活動中の体験談や、数多くの病院の中から横浜南共済病院を選んだポイントなどを、自由に語ってもらいました。


新人看護師:T・N

T・N:就職活動中は、毎日が必死でした。最初の頃は「どのような看護師を目指したいのか」将来の看護師像が明確ではなかったので、病院を選ぶ前に、まずは自分を見つめ直すことからスタートしていきました。その後、数多くの病院情報を集めて、説明会・見学会など、できる限り自分の足で情報収集するようにしました。やはり、自分で実際に訪問しながら、感じることが重要だと思います。

E・A:私も同感です。私の場合、「将来的には専門知識を身につけ、認定看護師になりたい」という明確な目標がありました。病院を選ぶ際にはたくさんの情報がありましたので、まずは情報整理からスタートしました。たくさんの情報とにらめっこしていましたが、やはり、病院説明会や見学会に行くのが一番です。実は、横浜南共済病院に入職したきっかけも病院見学会でした。私の場合、横浜南共済病院が実習病院だったこともあり、以前から知っていたのですが、病院見学会であらためて、雰囲気のよい病院だと思いました。

T・N:私も病院見学会の時の印象は強く残っています。まず、看護師さんたちの表情がすごく素敵だと感じました。病院見学会は、横浜南共済病院のほかにも、数箇所の病院に行きましたが、圧倒的に働いている人たちの表情が違っていました。心の底から楽しんで働いている、そんな印象を受けました。働いている看護師さんたちの意欲もあるのでしょうが、病院として働きやすい環境作りができていると思いました。例えば福利厚生の充実など。全ての看護師さんが「患者さんの立場に立った看護」を目指して一致団結しているように思い、ここで働きたい、と強く思うようになりました。

E・A:そうですね。私も学生時代に、6病院の実習を受けましたが、その中でも横浜南病院の家庭的な雰囲気は群を抜いていたように思います。実習を担当してくれた看護師さんがとても親身で、病院全体で受け入れてくれている、と実感しました。また教育・研修制度も充実しており、学校の先生からも横浜南共済病院の継続的な教育・研修・フォロー体制に関してのおすすめもありました。
「働きやすい環境がある」素直にそう思えた病院です。

充実した院内教育とプリセプターシップで、新人看護師の個の成長を病院全体でバックアップ

横浜南共済病院では、新人看護師が「自分が目指す看護師像」に着実に成長するための院内教育・研修を実施しています。病院という緊張感のある職場では、戸惑うことや不安になることも珍しいことではありません。
そこで新人看護師には3年目以上の先輩看護師が相談役としてサポートするプリセプターシップを導入し、1年間を通じて皆さんの成長を応援していきます。


新人看護師:E・A

T・N:入職してからは、毎日が勉強の日々です。全ての部分で1から学ばせてもらっているという実感があります。去年の4月は、正直なところ、分からないことや不安に思うことも多かったのですが、年間を通じた新人看護師の教育研修プログラムが充実しており、不安がしっかりと解消されています。また集合研修では様々な部門に配属された同期と会うことができますので、みんなで励ましあいながら成長していける環境があります。

E・A:集合研修の場は本当に大切です。患者さんの立場になり、シュミレーションをしたときに感じたのですが、身をもって体験しなくては、患者さんが何を感じているのかを理解することは難しいと思いました。集合研修の実技の中で失敗することもあったのですが、その失敗のひとつひとつが自分にとってはいい勉強になっています。先輩看護師の方々が、豊富な経験と知識に基づいてしっかり指導してくれますので、とても心強いです。

T・N:先輩看護師の存在の大きさは私も実感しています。私のプリセプターとして指導してくれている先輩は入職されて4年目で、私にとって本当のお姉さんのような存在です。分からないことがあるときや初歩的な質問があるときでも、気兼ねなく相談でき、私と同じ立場・目線で答えてくれます。

E・A:私も同感です。私のプリセプターは3年目の先輩なのですが、気配りがすごく、毎日が勉強です。一緒に喜び、一緒に泣いてくれる、そんなプリセプターです。業務で忙しく、ゆっくりと話せないときでも、振り返りレポートの交換の中で「最近のE・Aさんは、吸収するスピードが速くなってきましたね」「患者さんの気持ちが分かってきましたね」など評価してもらい、励ましてもらっています。

T・N:1人の新人看護師に、1人のプリセプターがついて指導してくれますが、プリセプターの先輩方が全員で私たち新人看護師の指導を行ってくれているように感じます。仕事で失敗をして、落ち込んでいるときなどは、私のプリセプター以外の先輩からも励まされますし、指導していただいています。ひとりのプリセプターではなくプリセプター全員で新人看護師を育てていこう、そんな環境が整っていますので安心して毎日を過ごすことができます。

日々成長を実感できる環境の中で、それぞれの看護師が目指す目標

結婚して子供が生まれてからも活躍している、そんな看護師を目指したい。
認定看護師を目指し、自分の夢を叶えたい。
100人の看護師がいれば、100通りの看護師の夢があります。
横浜南共済病院には、そんな皆さんの夢を叶える教育・研修制度、そして環境があります。


新人看護師2人

T・N:今は5年後、10年後の具体的なビジョンが描けていませんが、来年は今よりももっと成長している自分に出会えると思います。緩和ケアや化学療法の専門的な知識もたくさん学んでいきたいと思っています。そして、今の気持ちを大切にし、やさしい看護師のままで成長したいと思います。その環境が当院にはあると思います。

E・A:私は今、手術室にいますが、最初は知らないことだらけで、目の前のことで精一杯でしたが、今はひとつずつできないことができるようになってきました。まずは早く一人前の看護師になりたいです。そして、10年くらいの間に専門的に学んでいきたいことを見つけ、認定看護師を目指していきたいと思っています。当院には学ぶべき先輩方がたくさんいますし、認定看護師を目指すには十分な制度も整っていると感じています。

T・N:私はE・Aさんとは違い、何かに特化した専門的な知識を学ぶというよりは、10年後も20年後も横浜南病院で働いていたいと思います。結婚して子どもができても働いていたいので、復職支援サポート制度は本当にありがたい制度だと思います。実際に、20年以上勤めていて、何度も復職されている先輩もたくさんいるので安心して働くことができます。

E・A:当院は横浜駅も近くショッピングにも便利ですし、鎌倉や湘南など楽しめる場所がたくさんありますので、プライベートも充実させることもできます。もちろん、充実した仕事ができる環境も整っていますので、自分自身が大きく成長していけるはずです。患者さんとのつながり、医師とのつながり、ご家族とのつながりを大切にし、患者さんの立場に立った看護師を目指していきたいと思います。今後の自分の成長が楽しみです。


あわせて読みたい先輩の声

看護師長(教育責任者)

看護師長

I・K(看護教育室師長)

個々の潜在能力を引き出していくことが私たちの役割だと思っています。教育責任者として、仕事における自己実現が図れるよう全力でサポートします。

この記事を見る

このページのTOPへ