私たちの活動-横浜南共済病院 先輩看護師の声や環境、看護部行事などを紹介

先輩たちの声

新人|2011年入職・看護師対談 就職活動中に肌で感じたこと、そのままの病院です。

左:T・Y  神奈川県立保健大学保健福祉学部(看護学科)卒業
右:R・F  神奈川県立保健大学保健福祉学部(看護学科)卒業

就職するに当たって「何を最も重要視するのか」を明確にすることが、成功への道

たくさんの時間をかけて就職活動をする人、また時間が限られた中で就職先を見つけなければいけない人、状況は人によって様々だと思います。
悩んでいるポイントや考えている将来も十人十色。就職活動に「絶対」という言葉はないのかもしれません。

しかし、自分の思い描いた就職はしたいもの。そこで、2011年春に入職した新人看護師から、現在就職活動をしている皆さんへ、就職活動中の体験談や、数多くの病院の中から横浜南共済病院を選んだポイントなどを自由に語ってもらいました。


R・F:私は神奈川県立保健福祉大学の出身で、大学在学中に助産師の資格取得を目指していましたので、正直、就職活動らしい多くの活動ができないくらい、実習と勉強に明け暮れた毎日でした。そんな少ない時間の中での就職活動でしたが、各病院での実習で経験したことが、就職活動の中で大きなポイントになりました。

T・Y:私も大学内での説明会や東京で開催された合同説明会などに参加しましたが、R・Fさんが言っている通りで、私も在学中に経験した実習の経験が大きなポイントになっています。実際に在学中に神奈川県内にある10以上の病院に実習に行きましたが、どの病院もそれぞれ特徴がありました。そんな中で横浜南共済病院に決めた理由は、看護師のみなさんが一体となって、患者さんのことを第一に考えて看護している雰囲気があったことと、学生だった私たちを学生扱いせず、看護師の仲間として受け入れてくれる環境があったことです。こういった雰囲気って、2,3日で作られるものではないと思うんです。

R・F:確かにそうですね。私も先輩看護師と新人看護師が一体となって看護に当たっている現場を目の当たりにして、非常に雰囲気が良い病院だと思いました。ここなら、産科と婦人科が別々に存在しているのではなく、産婦人科としてトータルで患者さんを看護していけますし、私がやりたい助産師という仕事にも打ち込めると思いました。また、年間 1,000件前後の新しい命が誕生していることも大きなポイントでした。

T・Y:私もR・Fさんと同じで、就職活動中にたくさんの病院を見て、インターンシップで勤務したり、という経験はありませんでしたが、ひとつ思うのは、多くの病院を見たから就職活動が成功に近づくということはないと思います。「自分が就職に対して何を最も重要視するのか」が明確になっていれば、就職活動に費やす時間が多くなくてもいいと思います。

R・F:就職に求めることは人それぞれですので、何がポイントになるのかも人それぞれあっていいと思います。自分の基準でいろいろな病院を見て、「ここなら」と思える病院で働くことができれば良いのではないでしょうか。

T・Y:あと、地方出身の私にとって寮も重要でした。この病院は去年に新築したばかりの寮なので、とてもきれいで快適でとても気に入っています!

「ふりかえり」の時間を徹底することで新人看護師の個の成長をバックアップ。

横浜南共済病院では、新人看護師が「自分が目指す看護師像」に着実に成長するための院内教育・研修を実施しています。その中で最も重要視していることが「ふりかえり」。プリセプターによる日々の業務の中でのふりかえりや、定期的な研修でふりかえりを実施することで自己成長を促進していきます。

また一方的な参加型の研修だけではなく、より実践に役立つ研修を多く取り入れています。


新人看護師:T・Y

T・Y:入職してからは、毎日、あっという間に時間が過ぎているような感覚があります。でも入職前の3月に4日間の新人研修などがあったおかげで、スムーズに業務に取り掛かれたように思います。横浜南共済病院は、こういった形で現状に合わせて、タイミングよく、教育研修プログラムが組まれていますので、安心して前に進めている気がします。また集合研修では様々な部門に配属された同期と会うことができ、みんなでいろいろ意見交換ができるのがいいですね。

R・F:そうですね。そう言えば入職して半年くらい経ったころでしょうか、新人看護師だけで研修の目標を定めずに実施した「ふりかえり」の研修があったことを思い出します。通常の研修は、しっかりとした目的や目標があり、それに向かって研修を実施していくのですが、この「ふりかえり」の研修は、講師や上司、先輩などもその場に同席することなく、私たち新人看護師だけでふりかえりを行うというものです。このとき、同期と一同に会して、その時々の悩みを話したり、職場で起こっていることを話したりすることで、自然と自分の日々の行動のふりかえりができ、さらに、同じ目標に向かって毎日をがんばっている同期がいることを再認識でき、またがんばろう、という気持ちになったことを覚えています。

T・Y:確かに、あの研修の時間は貴重でした。こうした目標を定めず、新人看護師だけでふりかえりをする時間を、研修として組み込んでいるところに、横浜南共済病院の教育に対する姿勢が見えるような気がします。日々の仕事の中でも各先輩方がしっかりとフォローアップしてくださいますので、ひとつひとつの研修は点なのですが、毎日の業務で線になっていき、面になっているような気がします。自分でも日々、成長を実感しています。

R・F:私も同感です。一方的な研修だけではなく、自分で「考える」ことを実践することで、日々成長を感じることができます。また他部署体験の研修があり、これによって、今の専門性の高い助産師だけではなく、看護師としてより視野が広がったような気がします。こういった幅広い経験をさせていただくことで、看護師としても、人としても成長できるのではないかと思います。

将来の夢。自己成長を感じながらそれぞれの夢へ一歩ずつ

100人の看護師がいれば、100通りの看護師の夢があります。横浜南共済病院には、そんな看護師の皆さんの夢をかなえる教育・研修制度、そして環境があります。
そこで、最後にお二人に将来の夢について話していただきました。


新人看護師2人

R・F:まだ入職して 1 年ですので、まずは一人前になることを目指して行きたいと思っています。今は 5年後、10年後の具体的なビジョンが描けていませんが、早く一人前の助産師となり、ひとつでも多くの新しい命と対面していきたいと思っています。

T・Y:私は、将来、海外で看護師として活躍していきたい、という夢があります。できれば発展途上国で看護師として自分に何かできないだろうか、と常に考えています。今すぐにかなえられる夢ではありませんが、今の環境でしっかりと看護師として成長していければ、夢がかなえられると思います。それくらい、毎日、貴重な経験をしていますので、今以上に患者さんの気持ちになって考え、行動できる看護師になれるように、日々努力していきたいと思います。

R・F:素敵な夢ですね!私、T・Yさんのことを応援していきます。私も今以上に、患者さんの気持ちになって、日々を過ごすことで、一人前の助産師になっていけるのではないかと思います。早く一人前になり、T・Yさんに負けないくらいの夢を見つけていきたいと思います。助産師として、看護師として、一人の人間として、輝いている自分であり続けたいですね。


あわせて読みたい先輩の声

看護師長(教育責任者)

看護師長

I・K(看護教育室師長)

個々の潜在能力を引き出していくことが私たちの役割だと思っています。教育責任者として、仕事における自己実現が図れるよう全力でサポートします。

この記事を見る

このページのTOPへ