私たちの活動-横浜南共済病院 先輩看護師の声や環境、看護部行事などを紹介

先輩たちの声

新人|2012年入職・看護師対談 先輩たちにあたたかく見守られ、着実に成長していることを実感

左:Y・O 神奈川県立保健大学保健福祉学部(看護学科)卒業
右:A・G 神奈川県立よこはま看護専門学校卒業

急性期医療の一翼を担う横浜南共済病院に入職した新人看護師は、オリエンテーションや看護師としての適応を促がすプリセプターシップを通じて看護師としての一歩を踏み出します。2012年に新卒として入職した新人看護師2名に、入職動機や1年経過して得られたこと、今後の目標についてざっくばらんに語ってもらいました。


看護師を志した高校生時代。ふたりが語る入職理由

看護師になりたい――。その思いは共通していても、入職先の病院を決める理由は人そ れぞれ。1年前まで学生だった新人看護師のふたりは、どのような理由で横浜南共済病院への入職を決めたのでしょうか。


Y・O:私は、高校生の頃から看護師を志望していて、大学は神奈川県立保健福祉大学に進学しました。大学在学中に横浜南共済病院で実習を経験して病院の雰囲気の良さに惹かれたのが入職の決め手です。

A・G:私も看護師を志すようになったのは、Y・Oさんと同時期でした。高校1年生の時 に、怪我をして入院したんです。その時に看護師さんに優しく接してもらえたことがきっかけで、「将来は看護師になりたい」という気持ちが芽生え、神奈川よこはま看護専門学校に進学しました。横浜南共済病院に入職を決めた理由はいくつかあります。地元から通勤できる距離であること、国家公務員に準ずる福利厚生の充実さ。また、実習中に話を聞いた先輩看護師が、看護観を情熱を持って語ってくれたことは大きな決め手になりました。「自分の職場に誇りをもっている看護師がいる病院で看護師として活躍したい」と思うようになったのを覚えています。

Y・O:私は在学中に7病院ほど実習に行きました。その中でも、当院は実習で感じた病院の雰囲気がとても良かったのが印象的でした。実習生の私にも先輩看護師のみなさんが対等に接してくれたり、見ていないようでさりげなくフォローしてくれたりして、スタッフ同士のチームーワークの良さを垣間見ることができました。それと、横浜南共済病院には多くの認定看護師(※)が活躍しているので、知識や技術面でも自分自身も大きく成長できるのではないかと思い、入職を決めました。雰囲気の良さは「たった数週間で何が分かるの?」と周囲から言われることもありましたが、さりげない言動や表情でも雰囲気は分かるもの。入職後も実習で感じた通りの雰囲気でしたので、自分の直感を信じて正解でした。
(※)特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有することを認められた看護師

入職してからの1年間で得られたこと。気づいたこと

当院では、プロの看護師として段階的に成長できるよう、オリエンテーションやプリセプターシップ、年間教育プログラムで定期的な研修も実施。日常業務と並行して、ふりかえりを重視して、自己を見つめることで自己成長を促進しています。


新人看護師:吉田

Y・O:入職してからの1年間は、あっという間に過ぎました。学生時代は計画に基づいて看護過程を展開していけばよかったのですが、病院の現場で看護をするのとではスピード感も違いますし、時間の制約もあります。プロとしての責任もありますから、特に最初の半年は業務に付いていくのが精一杯でした。

A・G:私は、技術研修や座学研修を経て、実際に業務に携わったのは4月の後半からでした。覚えることがたくさんあるのはもちろんですが、それ以上に頭で理解しているのに、行動に移せないこともあり、自分に対するもどかしさを感じる場面が多かったですね。これまでの人生で、最も自分と向き合う時間の増えた1年間となりました。同時に患者さんからの「ありがとう」という言葉に何度も励まされましたし、同期で入職したスタッフとのつながりが強いので、前向きな気持ちになれます。

Y・O:そうですね。同期も病棟が異なれば配属後はお互いに話をする機会も減りますが、定期的な研修でお互いに近況を話したりして、刺激を受けますし、「3ヶ月目の振り返り」、「6ヶ月目の振り返り」では同期のみんなで議論することで、同期の悩みや自分の考えも改めて振り返ることができました。

A・G:チームに分かれて「嬉しかったこと」「悲しかったこと」「次に向けて」という3つのテーマで話し合いましたよね。自分の考えだけでなく、同期の考えも窺い知ることができたのは貴重な時間でした。一方通行の研修だけでなく、気づきを得られる機会はそうありませんからね。横浜南共済病院看護部の「各自の持てる力を発揮する」「主体性を育てる」「組織づくりへの参加」という方針を象徴する、教育・研修の表れなのかもしれませんね。

看護師としてこれからの目標

当院では、新人看護師はラダー1(自立に向けた指導を必要とするレベル)として位置付けられています。これは支援を受けながらマニュアル通りに援助ができる段階。入職して2年目を迎えたふたりは、自立した看護師としての一歩を踏み出しています。


新人看護師2人

Y・O:目指すのは「あなたでよかった」と、患者さんに思ってもらえるような看護師になること。そのためには私自身の経験も知識も、常に磨き続けなくてはなりません。外部研修にも積極的に参加して、自分らしさを活かせる看護師になりたいですね。当院には、看護師としてはもちろん、人として尊敬できる先輩ばかりですので目標にできる先輩が多くいます。先輩のケアの仕方からも得られることは多くありますし、何かあっても先輩やチームのみなさんに相談しやすい。先輩の背中を見て、自分だけではなく周りにも気を配りながら成長していきたいと思っています。

A・G:私も、疾患に対する確かな知識に基づいて、一人ひとりの患者さんに「やさしさ」と「たしかさ」を備えた看護を提供していきたいです。一人ひとりの患者さんの想いを感じ取り、患者さん中心の看護を提供する。経験も自信もまだ足りていませんので、目の前のことに全力で取り組みながら、一歩ずつ理想に近づいていきたいですね。


あわせて読みたい先輩の声

新人|2011年入職・看護師対談

新人|2011年入職・看護師対談

R・F 神奈川県立保健大学保健福祉学部(看護学科)卒業
T・Y 神奈川県立保健大学保健福祉学部(看護学科)卒業

就職活動中に肌で感じたこと、
そのままの病院です。

この記事を見る

このページのTOPへ