私たちの活動-横浜南共済病院 先輩看護師の声や環境、看護部行事などを紹介

先輩たちの声

新人|2013年入職・看護師対談 「選んでよかった」入職前に感じた期待はホンモノでした。

左:M・H 沖縄県立看護大学看護学部(看護学科)卒業
右:N・T 神奈川県立保健大学保健福祉学部(看護学科)卒業

充実した教育制度、良好な人間関係など、看護師たちが口々に語る横浜南共済病院の魅力。ここでは2013年入職の2名が登場。看護師1年目を終えた彼女たちに、その日常を余すことなく語ってもらいました。


「看護師として働くなら、この場所で」そう決意した瞬間。

実習や職場見学など、横浜南共済病院との出会いは人それぞれ。その中で、自分が働く姿をイメージできたことが、入職のきっかけになったようです。


新人看護師:N・T

N・T:看護師の母親の背中を見て育った私にとって、看護師を志したことは自然な流れでした。高校生の頃には、将来は発展途上国に行き、看護師としての経験を活かして、多くの人の役に立ちたいと思うまでに。看護師になることは、私にとって夢を叶えるための出発点でもありました。

横浜南共済病院を知ったのは、学生時代の実習がきっかけです。初めてでわからないことばかりの私を、チームの一員として快く迎えてくれるなど、温かい雰囲気に心を動かされ、「この先輩たちと一緒に働きたい」と思いました。

M・H:私は、中学時代の職場体験学習で産婦人科の出産に立ち会ったのですが、看護師さんの献身的な姿を見て、「自分もいつかこの仕事に就けたら…」と思いました。最初は助産師になるための勉強をしていましたが、より広く知識を身につけたいと思い、看護師を目指すようになりました。

職場見学では、10病院ほど回りましたが、先輩たちが患者さんと接するときの表情、立ち振る舞い、ナースステーションでの何気ないやりとりなど、どこから見ても、生き生きと働く横浜南共済病院の先輩たちの姿が印象的でした。「この環境で頑張りたい」と思い、入職を決めました。

先輩看護師の姿に未来の自分を重ねた、1ヶ月目。

看護師として初めて経験する現場で、学ぶことは想像以上に多いです。看護技術、記録演習などのオリエンテーションを経て、現場に配属となる新人看護師たち。そこには、いつも温かく見守り、指導する先輩看護師の姿がありました。


新人看護師:M・H

N・T:入職後は、先輩のシャドーイング(※)を行い、1日の流れや患者さんとの接し方を学びました。1人の患者さんを担当していた実習とは違い、看護師は同時に何人もの患者さんに目を配らなければなりません。慣れるまでは時間に追われてばかりでしたが、分刻みのスケジュールでも、てきぱきと行動する先輩に倣い、1日のタイムスケジュールを細かく組み、業務の優先順位をつけることで、徐々に効率的に動けるようなりました。
※先輩の後ろに寄り添って業務を覚える教育プログラムの一つ

M・H:私が配属になったのは、救急センター。経験を積まなければ、救急センターで働くことは難しいと思っていたので、新人の私が配属されたことに驚きました。一刻を争う救急の現場では、幅広い医療知識と臨機応変な対応が求められます。1日の業務を振り返り、学んだ知識をまとめたレポートを先輩にチェックしてもらうなど、毎日が実践と復習の繰り返しでした。

N・T:自分一人で判断せず、先輩のアドバイスを得ることの重要性は私も実感しています。脳神経外科には、疾患が原因でさまざまな症状が出てしまう患者さんもいらっしゃいます。患者さんに対する情報収集がきちんとできていなければ的確なケアはできません。新しい患者さんを担当する際は、どんなに忙しくても自分から積極的に情報を取りに行くことを心掛けています。

3ヶ月目、ポストイットに綴った本音。

横浜南共済病院では、新人看護師が一堂に会する振り返り研修を定期的に実施。切磋琢磨し合える同期の存在は、今もこの先も、かけがえのない財産になります。


新人看護師2人

N・T:4月の研修では、配属先の同期とチームを組み、グループワークを行いました。同期となる仲間と同じ課題に取り組み、互いに考え、支え合うことで、お互いの距離はあっという間に縮まった気がします。

M・H:7月には、同期で集まる研修がありますよね。「嬉しかったこと」「つらかったこと」「学生時代とのギャップ」のテーマに沿って、ポストイットの色を変えて、自分が思っていることを書いて全員で共有しました。3ヶ月というのは、成長を感じつつある一方で、壁にぶつかることも多い時期。自分が感じていた不安は、実は同期も同じだと気づかされたり、同期の成功体験に刺激を受け、また頑張ろうと思えたり、有意義な時間だったと思います。

1年を振り返って感じるやりがい。患者さんからいただく「ありがとう」の言葉は宝物。

看護師として一歩ずつ階段を昇っていくなかで、患者さんとの関わりもまた、責任とやりがいを実感するきっかけになっているようです。


新人看護師:N・T

N・T:脳梗塞など重度の疾患で入院された患者さんが、リハビリを経て、体力や身体機能を取り戻し、元気になっていく姿を見るのは、何度経験しても嬉しいものです。

M・H:私は業務の合間に、救急センターから転棟された患者さんの顔を見に病棟に行くことも多いのですが、私のことを憶えてくださっている患者さんも多く、「あのとき、助けてくれてありがとう」と声を掛けていただいたときの喜びは忘れられません。

N・T:入職から1年。今では、生活背景やご家族のこと、そして退院後のことまで、患者さんの生活を長期的視点でとらえて、看護計画を組めるようになりました。目の前の業務で精いっぱいだった自分から、着実に成長した自分がいます。

M・H:確かに、この1年で視野が広がりました。私の場合、次の1年は、これまで学んできた幅広い知識を深めていく1年にしようと決めています。患者さんとご家族に対して、どこまでケアできるかがこれからの課題です。

仕事にも趣味にも、夢中な私がここにいる。

充実した社会人生活を送るためには、オン・オフのメリハリをつけることが大切。最後は、忙しい日々を笑顔で駆け抜ける彼女たちの、プライベートに迫ります。


新人看護師:N・T

N・T:まとまった休みもちゃんと取得できるので、夏には5日間の休みを利用して海外旅行に行ってきました。ちなみに行き先はカンボジア。発展途上国の医療を支えたいという夢とリンクさせつつ、しっかりリフレッシュしてきました。

M・H:体を動かすのが好きで、休日は友人と集まって、学生時代から続けているダンスをしたりしています。
ダンスの後は、話題のカフェや、ちょっと高級なレストランに行って、おしゃれに女子会!のつもりが、将来の話などでついつい熱くなってしまうことも多いです。目標に向かって一緒に夢中になれる仲間がいて、仕事もプライベートも、とても充実しています。


2人のインタビューからは、仕事や患者さんへの想いが伝わってきます。苦労もある。地道な繰り返しもある。でも、その中に確かな喜びとやりがいがある。そんな仕事の真髄に触れることができる現場で奮闘し続ける新人看護師たちのさらなる活躍に、期待が集まっています。


あわせて読みたい先輩の声

新人|2012年入職・看護師対談

新人|2012年入職・看護師対談

Y・O 神奈川県立保健大学保健福祉学部(看護学科)卒業
A・G 神奈川県立よこはま看護専門学校卒業

就職活動中に肌で感じたこと、
そのままの病院です。

この記事を見る

このページのTOPへ