私たちの活動-横浜南共済病院 先輩看護師の声や環境、看護部行事などを紹介

先輩たちの声

新人|2014年入職・看護師対談 「先輩や仲間に恵まれ、支えあいながら成長できる職場です。」

左:A・I 神奈川県立衛生看護専門学校(第1看護学科)卒業
右:M・T 弘前学院大学看護学部(看護学科)卒業

現在就職活動をされている皆さんにとって、実際に活躍している看護師たちはどんな思いで働いているのか、病院はどんな職場なのかは最も気になるところではないでしょうか。ここでは2014年入職の新人看護師2名に、職場の雰囲気や心がけていること、今後の目標などについて語ってもらいました。この1年間の彼女たちの成長がとても頼もしく感じられます。


「ここで働きたい」そう思えた横浜南共済病院の魅力

小さい頃から憧れていた看護師。職場の雰囲気や働きやすさなど様々なポイントに魅力を感じ、目標の実現の場にここを選びました。見学の時に感じた印象はそのままだったようです。


新人看護師2人

A・I:自分でもはっきりと覚えているわけではないのですが、小さい頃病院に行った時に看護師さんの姿を見て、「こういう仕事がしたい」ってずっと話していたそうです。学生時代に実習を経験して、「これから看護師として頑張っていこう」という思いが増しました。その時に指導していただいた先輩に言われた言葉は今も胸に残っています。横浜南共済病院を選んだのは、実家から近くて学校の先輩も多く、身近な病院だったということが大きいですね。見学会に参加した時の印象も良く、ここで働きたいと強く感じました。

M・T:この病院との出会いは、大学2年生の時に参加した病院の合同説明会で、教育担当の方が声をかけて下さったことがきっかけです。実際に病院へ見学に行くと、海が近く落ち着いた場所だったのが好印象でした。夜勤が夕方からでなく『19時から開始』というのも魅力の1つです。

精神的にもフォローしあえるグループワーク

生命に関わる現場だからこそ、最初は不安に思うことも。しかし充実した研修制度、そして同期と思いを共有できる場があることは看護師たちにとって大きな支えとなっています。


新人看護師:A・I

A・I:入職直後は基本的なことを座学でしっかり勉強し、講義・看護技術演習、配属部署と関連する部署の職場体験、ミーティング(3ヶ月目・1年目)、その他自己学習時間などが計画されています。中でもミーティングの中のグループワークで他の部署で働いている人の意見を聞けたのはとても勉強になりました。

M・T:そうですね。このミーティングでは、新人同士が、『うれしかったこと』『つらかったこと』などを色別の付箋に書くグループワークを行います。同じ職場の同期だけでなくて色々な人と話すと、「みんな思っていることは大体一緒だ」ということに気づかされて、「そうだよね」って思いを共有して。精神的にもフォローしあえる場があるのが嬉しいです。

「いい湯だな」先輩方に見守られながら日々成長

選んで良かった、そう心から思える理由は、先輩看護師からの適切なアドバイスと職場のあたたかい雰囲気でした。


新人看護師 M・T

A・I:先輩方がすごく優しくて、わからないことも聞きやすい環境づくりをして下さっています。もちろん、医療現場なので注意を受けることもありますが、ただ注意をするのではなく、次に生かせるようなアドバイスをくださったり、様々な面でカバーして頂いたりしています。「良い職場だな」、「病棟の仲間に恵まれている」と感じています。

M・T:これまで看護師は人間関係が難しいというイメージを持っていたのですが、ここは先輩たちも優しいし明るい雰囲気。いきなり1人で仕事をするのではなく最初は必ず先輩が1人ついて下さって、独り立ちをした後も声をかけて頂いています。

患者さんの一番近くにいるからこそできること

入職して1年が経ち、少しずつ成長を感じると話す彼女たち。技術や知識だけでなく、患者さんとの関わりの大切さを実感する日々でした。今、最も心がけていることは患者さんへの声かけです。


新人看護師:M・T

M・T:技術面や知識って勉強したからと言ってもいきなり実践できるものではなくて、ちょっとずつ勉強して着実にできるようになっていけば良いと思っています。そんな中で新人として自分ができることって、やっぱり患者さんとの関わりを大切にすること、声かけをすることだと気がつきました。最初は自分のやるべきことで頭がいっぱいになってしまうのですが、段々と心がけられるようになりました。

A・I:私もそう思います。患者さんの変化に一番に気づいてあげられるのは私たち看護師です。例えば「髪型変えましたね」とか、今まで車椅子だった人が歩行器をつけて歩いていたら「リハビリ頑張っていますね」とか、それだけでも嬉しそうにして頂けます。変化に気づいてもらったら嬉しいのって、普段の会話と同じですよね。

憧れの看護師像

先輩の姿を見て多くのことを学んできたこの1年間で、看護師としての目標も明確になってきました。そんな2人に、目指したい看護師像について語ってもらいました。


新人看護師:A・I

A・I:知識や技術が豊富なだけでなく、後輩にも気を配ってくれる先輩たちの姿に憧れます。仕事中でもそうでない時でも気にかけて頂けることがとても嬉しいですね。自分のことだけでなく、周りの人のことも考えられる思いやりのある看護師を目指していきたいです。

M・T:患者さんの異変にすぐ気付いて、次に何が必要なのか、先を見通せる人はすごいなと思います。また、経験を積んでいく中で患者さんの思いを傾聴しそれに共感するということはできるようになってきたのですが、時には患者さんに対して指導を行わなければならないこともあります。そのような場面でも患者さんの気持ちを考えながら私たちの思いもうまく伝えることができる、そんな看護師になりたいです。


あわせて読みたい先輩の声

新人|2017年入職・看護師対談

新人|2017年入職・看護師対談

M・S  A・I  Y・M  A・Y
ともに関東学院大学 看護学部卒業

人として、看護師としても
成長が見えるこの場所で。

この記事を見る

このページのTOPへ