私たちの活動-横浜南共済病院 先輩看護師の声や環境、看護部行事などを紹介

先輩たちの声

新人|2014年入職・看護師対談 「先輩や仲間に恵まれ、支えあいながら成長できる職場です。」

左:R・N  青森県立保健大学健康科学部(看護学科)卒業
右:S・O  神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部(看護学科)卒業

看護師を目指す皆さんにとって、目標実現の場がどのような職場なのか、先輩たちがどのような思いで働いているのかはとても重要なポイントではないでしょうか。
ここでは、2015年入職の新人看護師2名に、入職の決め手となった病棟の雰囲気や、充実したサポート体制について実感を語ってもらっています。
1年目の経験を通して彼女たちが感じたこと、それは看護師になって良かったという思いです。


入職の決め手はアットホームであたたかいやりとり

仲間同士や患者さんとのあたたかいやりとり、そして連携のとれたチーム医療。入職前に抱いていた期待は確かだったようです。


新人看護師2人

S・O:看護師を目指したきっかけは、幼い頃に祖父が入院したことでした。親戚の看護師が、祖父の看護にあたる姿を見て幼いながらに憧れを抱いたのを覚えています。
大学4年生の時に横浜南共済病院での実習を経験し、病棟の雰囲気がとても良かったことが入職の決め手でした。リハビリテーションのことで質問があった時に、すぐに作業療法士と連携をとって対応していただき、チーム医療を肌で感じたことも印象的でした。

R・N:私も家族の入院が度々重なる中で、いろいろな年代の方に関わってお世話をする看護師を目指すようになりました。
病院見学会やインターンシップで様々な病院を見て回ったのですが、その中でも横浜南共済病院が一番印象に残りました。看護部の方々のアットホームであたたかい雰囲気、そして充実した教育内容がとてもよく伝わってきたのを覚えています。一番の決め手はインターンシップ。看護師と患者さんの実際のやりとりを見て、ここで働きたいと強く感じました。

本音で語り合える仲間たちとともに安心してスタート

横浜南共済病院の大きな魅力の1つが、充実した研修制度。仲間と思いを共有し合うグループワークの場は彼女たちにとって大きな支えとなっているようです。


新人看護師

S・O:入職前は、何から勉強していけばいいのだろう、と不安に思っていました。しかし、研修で基礎の基礎から学ぶことができたので、安心してスタートを切ることができました。
病棟の先輩が勉強会を開いてくださったり、自由学習での課題を出してくださったりしたので、自然と知識が身についていきましたね。

R・N:いきなり病棟に出るのではなく、最初に講義や演習の期間を経て、じっくり、ゆっくりスタートできたことがとても良かったなと感じています。
研修では新人同士でグループワークを行う機会もあって、3ヶ月目、1年目に行われるミーティングや、年4回あるメンタルヘルスの研修は自分にとって大きな支えになっています。

S・O:いつもは同じ病棟の同期と話すことが多いですが、そこでも話せないようなこともグループワークでは話せます。精神的に助けられていますし、他の病棟の様子を知る良い機会ですよね。

S・O:いつもは同じ病棟の同期と話すことが多いですが、そこでも話せないようなこともグループワークでは話せます。精神的に助けられていますし、他の病棟の様子を知る良い機会ですよね。 看護師だからこそできること、得られる喜び

患者さんの笑顔と感謝の言葉は何ごとにも代えがたい喜び。時に悩むことはあっても、仲間のサポートを糧に一歩一歩成長している毎日です。


新人看護師

R・N:自分ができないことばかりに目がいってしまい落ち込むこともありますが、先輩が「ここはできなかったけれど、こういうところはできたよね」と声をかけてくださるおかげで、気持ちを切り替えて次に生かすことができています。
また、1年目の研修スケジュールの中に、配属部署以外で職場体験をさせていただく機会があり、この経験は私にとって大きなモチベーションになりました。病院が患者さんとどのようにつながっているのか、病院全体がどのように動いているのかが見えて、点と点が線でつながった経験でした。

S・O:私もR・Nさんと同じように、落ち込むこともまだまだたくさんあります。そのような時でも患者さんと話していると自然と笑顔になれますし、何よりも患者さんからの感謝の言葉や退院していく時の笑顔を見られることが一番嬉しいです。患者さんの不安を解消させていくことが看護師の大事な役割ですよね。

R・N:やはり、患者さんやご家族に「ありがとう」と言われると嬉しいですね。退院支援を進めていく中で関わっていた私の一言で患者さんが前向きな気持ちになって退院されたことがあり、その時は看護師になって本当に良かったと心から思いました。
このような患者さんとの関わりは、私たち看護師だからこそできること。素晴らしいお仕事だな、と再認識しています。

 先輩のサポートに支えられて

2015年度から一部ですが、パートナーで働くナーシングシステムが導入され、より充実したサポート体制が実現。先輩からの心強い助言を受け、日々多くのことを学んでいます。


新人看護師

R・N:新人だと看護ケアを提供する際、どこに着目すれば良いのか、何から始めれば良いのか迷うことも多いと思うのですが、先輩と一緒だと視野も広がって業務効率も上がりますし、患者さんに対しても丁寧に接することができます。
先輩の姿を見て、患者さんへの声かけの仕方や、先生からの指示の受け方など、多くのことを学びました。

S・O:この1年間で一番大きかったのが、プリセプターの先輩との出会いです。とても尊敬できる方で、中途半端なことはせず、何事も根拠を持って看護ケアを提供することの大切さを教わりました。
10月から夜勤を自立することになったときは、「出来ないことだらけなのにどうしよう」ととても不安でしたが、その時にも先輩から助言をいただき、本当に心強かったです。
新人へのサポートがしっかりしていて、わからないことがあっても聞けないということがないので、日々安心して仕事に取り組めています。

心に寄り添う「確かな看護」を目指して

この1年間で大きく成長した彼女たちが、今後目指していく看護師像とは。これから広がる可能性に期待は膨らみます。


新人看護師

S・O:何事も根拠を持ってケアをすることが「確かな看護」につながる、という先輩からの教えをこれからも大切にしていきたいです。
看護師の大事な役割に、患者さんへの教育的指導があります。私は教育的な関わりを苦手にしていたのですが、根拠のない看護は患者さんのためにはならないと心得て関わるようにしています。また、どの患者さんに対しても丁寧に接して、知識を実践に生かしていけるように努力したいと思っています。

R・N:私も同感です。患者さんの希望に添いたいというのは第一にあるので。しかし、看護師として何ができるのか、何をしなくてはならないのかを考えることが大切ですよね。
私は、患者さんの心に寄り添える看護をしたいという気持ちは学生の頃からずっと変わっていません。患者さんに自分の名前を覚えてもらえるような丁寧なケアを心がけていきたいと思っています。それから、家族看護にも関心があるので、将来は訪問看護の分野へ進むことも視野に入れています。これから様々な経験を積んでいく中で、自分の行くべき方向をしっかり見据えていきたいと思っています。


あわせて読みたい先輩の声

新人|2014年入職・看護師対談

新人|2013年入職・看護師対談

A・I 神奈川県立衛生看護専門学校(第1看護学科)卒業
M・T 弘前学院大学看護学部(看護学科)卒業

就職活動中に肌で感じたこと、
そのままの病院です。

この記事を見る

このページのTOPへ