私たちの活動-横浜南共済病院 先輩看護師の声や環境、看護部行事などを紹介

先輩たちの声

中堅(看護師ママ)/山崎久美子 小児科 12年目

K・Y(小児科病棟:経験 12年目)

仕事もプライベートも充実している毎日。看護師になってよかったと思っています

復職ママ看護師:山崎さん

私が当院で働き始めてから12年が経過しようとしています。「やさしい看護師になりたい」と、小さい頃から思い続け、新卒採用で入職しましたが、入職当初は自分のことで精一杯だったことを思い出します。現在は、整形外科、外来を経験し、小児科に勤務しています。様々な部門を経験することで、看護部全体が目指している「患者さん中心の安全で信頼できる看護の提供」を実感し、より患者さんの立場に立った看護ができるようになりました。「好き」でなったあこがれの看護師ですので、毎日が充実しています。

私が働く小児科は、私にとって最高の場所になりつつあります。小児科は子どもと親の両方の立場に立って看護しなければいけません。私には子どもが二人いまして、昨年復職したばかりですので、病気になったお子さまの気持ち、そして心配するお母さまの気持ちが痛いほど分かります。ついつい感情移入しすぎてしまうこともありますが、「山崎さんありがとう」と、笑顔で退院されるお子さま、お母さまに出会えたとき、横浜南共済病院の看護師として働く喜びを感じます。これからも患者さんの立場に立った看護を徹底していけるよう、毎日の看護を行っていきます。

24時間預けられる保育園もあり、長く働くには最高の環境があります

院内保育園

私には2歳と8歳になる男の子がいます。実はこの12年の間に2回の出産を経験し、2度の復職をしています。「看護師になりたい」という強い憧れで看護師になりましたので。子どもを出産するときも「看護師を辞める」という選択肢はありませんでした。

実は当院に入職しようと決めたひとつの理由は、長く看護師として働き続けている看護師の先輩方がたくさんいたことでした。産後1年間の育児休暇を取得し、復職する際には、新たな配属部門の先輩看護師が業務フォローをしてくれますので、安心して復職することができます。

院内には24時間、子どもを預けることができる「みなみ保育園」があり、復職前には2人の子供も慣らし保育を経て復帰しました。充実した保育が受けられ、さらに予防接種や当院の小児科医による定期的な健診も行われますので働くママさん看護師としてはありがたい限りです。12月にはクリスマスコンサートがあり、保育園に通っている子どもたちによるお歌の発表会には家族全員で駆けつけます。

患者さんのためにも、私のような子育てをしながら働く看護師を増やしていきたい

当院は、どの看護部門もまとまりがあり、家庭的な雰囲気を持っていますので、復職した後も安心して働ける環境が整っていますが、さらに安心して働くことができる環境作りをしていくことが私の目標です。私のように、子育てをしながら働くママさん看護師をさらに応援していくために、当院に病気になった子どもたちでも預けることができる病児保育の保育園を新たに作っていきたいと思っています。

看護師として、2人の子どもを持つ母親として、両方の役割をしっかりと果たしながら、仕事もプライベートも充実している、そんな看護師さんがたくさんいる横浜南共済病院にしていきたいと思っています。

患者さんからの一言、そして家族からの一言を大切に、今後も夢の実現に向け、一歩ずつ歩んでいきたいと思います。


あわせて読みたい先輩の声

中堅|キャリアアップ看護師

中堅|キャリアアップ看護師

M・T(循環器病等:経験7年目)

患者さんの期待に応える、最高の医療を提供する医師と意識の高い看護師。そんな私たちを支える、環境と教育・研修制度があります。

この記事を見る

このページのTOPへ