私たちの活動-横浜南共済病院 先輩看護師の声や環境、看護部行事などを紹介

先輩たちの声

中堅(ステップアップ)/田中みどり 循環器科 7年目

M・T (循環器病棟:経験7年目)

現在の職場環境には大満足。患者さんの期待に応えるべく、日々奮闘しています

横浜南共済病院に働き始めてから7年が経過しようとしています。私は栃木県の看護大学を卒業し、就職活動の際に数多くの病院見学会に参加させて頂きましたが、職場の雰囲気の良さと、例えば資格取得の際の休職制度や自主性を重んじる教育・研修制度が充実している点に魅力を感じて、当院に入職しました。
入職当初は自分のことだけで精一杯でしたが、意識の高い先輩やドクターたちと一緒に仕事をするうちに、自分も技術・意識・知識の面でレベルの高い看護師になりたい、と思うようになりました。

学生時代の時に、もともと緩和ケアに対して興味がありました。最初に配属された血液内科を経て、現在の循環器科に勤務となり、様々な経験ができたことは、私にとってとてもプラスでした。その中で、できれば緩和ケアの認定看護師を目指していきたいと思うようになりました。
緩和ケアの認定看護師の仕事は、徹底した苦痛症状の緩和(疼痛及び疾患に伴うその他の苦痛症状の緩和―リンパドレナージ、呼吸理学療法、口腔ケア等)及び療養の場に応じた患者・家族のQOLの向上と患者・家族のグリーフケアですので、患者さんの立場により近い形での看護となります。少しでも患者さんの役に立てるように努力していきたいです。

スキルアップや自己実現を目指す看護師にはうれしい教育支援制度がありま

認定看護師の学校に通う人たちの多くは10年以上、看護師として勤務されている方が多いように思います。私は7年で認定看護師を目指すことになりましたので、周りよりも少しだけ早いかもしれません。でも私の夢でもありましたので、1日も早く緩和ケアの認定看護師となり、多くの患者さんと接していきたいと思っています。

当院には14人の認定看護師の先輩方がいますので、分からないことや不安に思うことがあれば、その都度聞くことができる環境が整っています。また当院では、受験に当たっての推薦、働きながら資格取得を目指すことができる勤務シフト体制(認定看護師教育機関に通学している間は出張扱いとなる)、休職制度、現役の認定看護師さんによる勉強会の開催など、様々な資格取得サポート制度があります。

私の周りでも認定看護師を目指して行きたい、という看護師さんが増えてきましたので、今後、たくさんの認定看護師さんが働く病院になっていくのではないでしょうか。

将来の目標は患者さんの夢を一緒に叶えること。そのために、毎日が充実しています

将来は緩和ケアの認定看護師となり、多くの患者さんと接していきたいと思っています。今はまだ学校に通う前ですので、大きなことは言えませんが、緩和ケアの知識をしっかりと身につけ、患者さんやご家族さまの夢を一緒に叶えていきたいと思っています。
また将来的には、患者さんが住み慣れたご自宅で看護を受けることができるよう、在宅看護にも力を入れていきたいと思います。「家に帰ってゆっくり過ごしたい」と思っている患者さんも多いですので、その希望を是非叶えてあげたいと思っています。

これから看護師になる皆さんへ、最後に一言だけアドバイスさせていただきます。入職当初から認定看護師になりたい、キャリアアップしたい、と強く思わなくてもいいと思います。ただし、看護師としての成長欲、人間としての成長欲は強く持っていてください。肩の力を抜いて、看護師としての経験を積んでいく中で、目指したい看護師像を固めてもらえればと思います。皆さんの看護師としての人生をサポートしてくれる環境と制度が、この横浜南共済病院にはありますので。


あわせて読みたい先輩の声

中堅|復職ママ看護師

中堅|復職ママ看護師

K・Y(小児科病棟:経験 12年目)

復職支援研修会で、産休を経て復職。
敷地内に24時間預けられる保育園もあり、安心して長く働ける環境があります。

この記事を見る

このページのTOPへ