私たちの活動-横浜南共済病院 先輩看護師の声や環境、看護部行事などを紹介

看護師の1日(夜勤編)

患者さんに安心していただけるよう声をかけ、思いを込めた看護を。本萱 政彦(脳神経外科・神経内科病棟) M・M
首都医校卒業看護学科Ⅱ卒業

私たち看護師の夜勤の仕事の流れをご紹介します

私が勤務している神経内科・脳神経外科では、神経や神経に関連した血管、筋肉の異常、脳にかかわる疾患まで急性期医療を必要としている患者さんが入院されています。入院中の患者さんの様子に常に気を配り、適切なケアをするためには、患者さんの安全に配慮して、苦痛がないようにおもいやりを込めることが大切です。それでは、看護師の夜勤はどのような仕事をしているかを紹介します。


看護師の1日

18:50出勤・情報収集

パソコンで患者さんの情報収集・夜勤帯の予定を確認します。


19:00勤務・申し送りなど

ナースステーションに全員が集合し、夜勤帯の予定や報告事項を共有します。特に日中の患者さんの様子や状態の変化はないかなど多くの情報を共有します。


看護師の1日

19:30
検温・点滴まわり

ベッド周りを整えながら検温と点滴など、患者さんへのケアを行います。


看護師の1日

21:00体位交換・おむつ交換

皮膚圧迫による褥瘡(じょくそう)を防ぐため、寝る姿勢を変え、おむつ交換も行います。一つひとつの動作で声がけもして患者さんが安心できるように心がけます。


看護師の1日

22:00休憩

スタッフルームで、看護師一人ずつ交代で休憩に入ります。


看護師の1日

24:00カンファレンス

深夜帯で必要な点滴類の準備と確認もします。眠れない患者さんの対応をすることもあります。


看護師の1日

3:00~7:30体位交換・おむつ交換

休憩後は再び、体位交換・おむつ交換をします。夜勤では体位交換・おむつ交換を2時間ごとに行います。


看護師の1日

8:30引き継ぎ・報告・申し送り

夜勤の業務内容をカルテに入力。夜勤帯での患者さんの様子を、日勤の看護師に報告します。観察の視点やケア・処置のポイントのなどホウ・レン・ソウ(報告・連絡・相談)をしっかり行います。


看護師の1日

9:30勤務終了

夜勤終了。本日もお疲れ様でした!


看護師の1日(日勤編)

看護師の1日(日勤編)

M・T  神奈川県立平塚看護専門学校卒業

緊張の連続の毎日ですが自然に笑顔が出てしまう
そんな日々を送っています。

この記事を見る

このページのTOPへ