看護部紹介-横浜南共済病院 看護部について

看護部長メッセージ

患者さん中心で安全で信頼される看護の提供に努めます

イメージ

横浜南共済病院は横浜南部及び横須賀・三浦の医療圏における基幹病院として、昭和14年の開設以来、急性期医療の一翼を担う病院として地域に根ざしています。平成28年には、3次救急医療を提供する救命救急センターとしての指定を受けました。

当院の看護師は、患者さんの視点に立って考え、患者さんの気持ちを大切にし、患者さん中心で安全で信頼される看護を目指した活動を行っています。これは当院の看護部の理念でもあります。教育面においても個性を活かしながら、患者さんに対して「やさしさ」と「確かさ」を持った看護師の成長を促しています。さらに、これらを基盤とし、高度急性期医療の現場を担う看護師として、専門性・自律性を発揮できるよう教育的な環境整備にも配慮しています。

また、当院は地域の皆様が多く利用されている病院でありますので、急性期医療が必要な時は安心して入院治療が受けられるようチームで支援しています。そして、退院後は住み慣れた地域で過ごせるよう多職種による退院支援の充実を図っています。

「想い」を形にしたい方、是非私たちと共に歩んでいきましょう

イメージ

新卒でも転職でも、職に就く時には、人それぞれ「想い」があると思います。看護師の方も、看護師を目指そうと思った時には「こんな看護師になりたい」という想いがあったはずです。そういった皆さんの数々の「想い」を実現していく場が、横浜南共済病院であると思います。

専門看護師や認定看護師を目指している看護師さんが増えてきており、また職場の風土なのでしょうか、子供が生まれてからも長く働いていらっしゃる看護師さんも多くいるのが当院です。それぞれが目指す道に対して、看護部、そして病院全体でサポートしていく体制が整っています。皆さんの「想い」を是非、形にしていきましょう。