教育・研修-充実した院内教育プログラムで個の成長をバックアップ

教育について

専任の看護教育室・看護業務室・安全管理対策室中心に、ラダーを取り入れた年間教育プログラムを実施しています。

新採用者(新卒・既卒とも)には、プリセプターシップを導入、またオリエンテーションとして、看護技術、記録演習、医療安全講習、体験学習(配属部署以外の見学体験)などを実施し、早期の職場適応を支援しています。
院外研修については、各種学会や研修会をはじめ、臨床指導者講習会、認定看護師養成コース受講など、継続教育や自己研鑽の機会を数多く設けています。

教育方針・教育目的・教育目標

教育プログラム

当院看護部では、個々の能力を伸ばし、持てる力を発揮できる教育プログラムを企画し成長を支援しています。
対象別の基礎コース、自らが選択し主体的に参加する選択コース、講演会など多彩なプログラムを実施しています。

企画・運営に関しては、専任の教育担当者を配属している看護教育室をはじめ、技術教育については看護業務室、そのほか様々な看護部委員会と各セクションが連携し、集合教育と分散教育が連動しながら、学習効果を図っています。
各セクションでは、年間教育計画を立て、それぞれ特殊性に即した学習が行われています。

教育プログラム図

キャリアラダーシステム

看護職は、一般に専門的技能職といわれております。机の上での学習を積むだけではなく、ジェネラリスト、またスペシャリストとして、患者さんの変化に細心の注意を払い、そして臨床状況を全体的に捉え、状況に合わせた対応をすることが求められます。

学生時代に学んだ基礎看護の知識や技術、あるいはこれまでの職務経験で培われた看護に向かう姿勢(態度)をもとに、これからどのようなキャリアデザインを描いていくかは、皆さん次第です。
さて、これからあなたはどのような看護職をめざしますか?

キャリアラダーシステム図

映像による看護技術の習得

当院看護部では、看護技術を動画とE-ラーニングで確認・習得するオンラインツール「 ナーシングスキル日本版 」を採用しています。

本ツールにより、新人看護師からベテラン看護師まで充実した研修を効率よく実施することができています。

動画イメージ図