教育・研修-充実した院内教育プログラムで個の成長をバックアップ

新人教育

プロの看護師として成長できるようプリセプターを中心として院内全体で個性を活かしながら育てていきます

1年目はプロの看護師として一人前になれるよう、基礎をしっかりと身につける教育内容となっています。入職前職場体験、病院・看護部オリエンテーション、看護技術演習、看護記録演習、クリニカルパス、継続看護、感染対策などの基本勉強会、体験学習を必要な時期に行っていきます。
また毎日の業務の中での不安を取り除いてくれる存在がプリセプター。
1人の新人看護師に1人の先輩看護師(プリセプター)がつき、1年を通して、指導を行ったり、日々の相談にのっています。また、患者さんをペアで担当し、2人でケアを提供するようにしています。


プリセプターシップとは

プリセプターシップとは、新人看護師のオリエンテーションを効果的に行い、看護師としての適応を促す方法です。

プリセプターシップの目的
  1. 新人看護師が、深刻なリアリティショック・カルチャーショックを体験することなく職場に適応できる。
  2. プリセプターが段階的に指導し支援することで、新人看護師が一定期間内に看護師として自信を持ち、チームの一員としての役割を果たすことができる。
  3. 新人看護師が、基礎的知識に基づき看護技術を正確に実施できる。
  4. プリセプターは、プリセプターシップを発揮することで自己の成長を図ることができる。

プリセプターとプリセプティの声

プリセプターとプリセプティの声

T・K(整形外科・リウマチ内科 1年目)
A・A(整形外科・リウマチ内科 3年目)

いつでも身近にいてくれるプリセプター
私の成長が恩返しです。

この記事を見る


院内教育プログラム

*卒後3年間の院内集合教育(基礎1~3)は、勤務扱いです。

1)基礎1コース(8:30~17:00の日勤扱い)

開催時期項 目内 容
4月

オリエンテーション

院内オリエンテーション
看護部オリエンテーション
看護部概要・組織、接遇、社会人として心得、看護師の基本的倫理、院内教育、看護部自治会・看護協会の説明、社会人のマネープラン (KKR)、オリエンテーリングなど
看護理論・看護過程 「ロイ適応看護モデル(著者:シスター・カリスタ・ロイ)」
看護記録演習 情報開示、フォーカスチャーティング、看護過程と看護記録、看護記録の実際、カンファレンスと看護記録
クリニカルパス クリニカルパスの概要、用語の説明、留意点

電子カルテ

院内LAN・電子カルテの操作
eラーニング 『ナーシングスキル』の操作

看護技術演習

採血・点滴
スキンケア・褥瘡予防 スキンケア・体位交換・褥瘡予防(栄養の基礎知識)
褥瘡予防・スキンケアの講義・演習
医療安全  安全対策の基礎、オカーレンス発生時の対応、危険予知トレーニング(KYT) 

感染対策

みの分別、個人防護用具の使用、おむつ交換についての講義・演習
薬剤科講義 静脈注射基礎講義(注射薬の基礎知識)
フィジカルアセスメント フィジカルイグザミネーションアセスメント
糖尿病の基礎 糖尿病の基礎知識、看護
メンタルヘルスケア 臨床心理士による研修、グループワーク
防犯について 新生活における防犯対策

災害対策

地震や停電時の対応     
医療ガスの取り扱い 医療ガスの種類、取り扱い、注意点など
5月 看護必要度 看護必要度の概要、評価方法など
メンタルヘルスケア 臨床心理士による研修、グループワーク

BLS演習

BLS
看護技術演習 尿道留置カテーテル挿入、導尿
6月 外来看護 外来受診と入院の流れ
輸血 輸血の基礎知識、看護
心電図 十二誘導心電図・モニター
薬剤科講義 毒薬、劇薬、麻薬の取り扱い
麻薬取り扱い時の看護 医療麻薬を使用している患者の看護
安全対策 転倒・転落、誤薬防止
災害時の医療・看護 新人看護師のための防災訓練

前期看護技術フォローアップ研修

ME機器の取り扱い、輸液ポンプ、シリンジポンプの使い方
オンデマンド研修 新人看護職員のための夜勤を充実させるセルフマネジメントスキル
7月 口腔ケア 口腔ケアの基礎、嚥下障害時の食事介助演習など

看護技術演習

喀痰吸引
救急医療 救急外来の診察、救急外来看護師の役割
防犯対策 院内における防犯対策
体験学習(準備) オリエンテーション(8~10月に実施する体験学習の目的・実施方法の説明、関連部署との調整)
3ヶ月ミーティング グループワーク(嬉しかったこと、つらかったこと、社会人と学生の違いなど思いの共有)
8月 不穏時の看護 せん妄・認知症
化学療法時の看護 化学療法時の看護
継続看護 在宅医療室・訪問看護ステーション・医療福祉相談室の役割
9月 メンタルヘルスケア 臨床心理士による研修グループワーク
10月 リハビリテーション 身体介助(立ち上がり動作・乗り降り動作)
緩和ケア 緩和ケアの基礎

エンゼルケア

DVD学習、逝去時の看護講義、エンゼルメイク演習、グループワーク
パートナーシップ看護 新人看護師のPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)入に向けての講義
11月 ナラティブ(看護の語り) ナラティブについて、ナラティブ事例記入の目的・書き方・活用

挿管時の看護

挿管時の看護

後期看護技術フォローアップ研修

シミュレーション研修
透析の基礎 透析の基礎知識、看護
12月 人工呼吸器装着患者の看護 人工呼吸器の基礎・看護
メンタルヘルスケア 臨床心理士による研修グループワーク
倫理について 倫理を考えるDVD研修
3月

1年目ミーティング

グループワーク(1年を振り返って、次年度に向けて)
8~3月 体験学習 救急センター見学体験(8~12月)
希望部署での体験学習(9~10月)
手術室見学(外科系部署配属者)
その他 看護技術演習 看護技術未体験フォローアップ(状況に応じて実施)
看護部研修時間 先輩看護師による病棟毎の勉強会、課題学習、自己学習時間

2)基礎2コース(勤務扱い)

開催時期項 目内 容
6月~3月

ケースレポート

課題図書文献学習・レポー卜作成、導入講義(ロイ適応看護論)、事例展開・事例検討・ケースレポー卜作成・発表会・最終レポート提出
6月 感染対策 感染対策講義
9月 感染対策 感染対策講義
継続看護 継続看護システム 介護保険について
1月 医療安全 医療安全とコミュニケーション
褥瘡予防 褥瘡予防講義
2月

静脈注射

静脈注射教育プログラム:血管確保研修(講義・演習)

3)基礎3コース(勤務扱い)

開催時期項 目内 容
7月 導入講義 事前レポート『今まで自分が大切にしてきた看護に対する思い』,導入講義(ウィーデンバック『臨床看護の本質』を活用),再構成レポート作成   
9月 グループワーク 再構成レポートグループワーク(6グループ2回ずつ)
1月

まとめの会

まとめグループワーク、最終レポー卜作成
9~10月

医療安全

患者急変対応コース for Nurses
*基礎コースのまとめとして、急変初期の気付き(異常のキャッチ)を体験学習で習得させることを目的に企画された研修です。蘇生技術ではなく急変に対する気付き(異常のキャッチ)能力の習得に重点を置いたコースで、シミュレーターを使用したシミュレーション教育です。

4)その他

研修会名開催時期内 容
プリセプターコース 6月 3ヶ月目の思い、悩みについてグループワーク
7~8月 院外講師によるコミュニケーション研修
10月 9ヶ月目の振り返り
2月 1年間の振り返り
看護研究プロセス学習コース 6月 院外講師による講義(看護研究とは)
7月 院外講師による講義(テーマの絞り込み・文献検索の必要性)
8~9月 ブレインストーミングコメントを受けてグループワーク
10月 研究計画書の書き方
11月 看護研究に関する倫理
1月計画書提出
2月 研究計画書発表会(グループワーク形式、院外講師)、学びの共有
看護研究コース 発表会
3月
研究課題作成・研究計画書作成・研究実践・研究論文作成・発表、教育企画委員による研究相談、院外講師による個別指導
リーダーシップコース 12月 リーダーシップに関する導入講義(院外講師)、個人ワーク、まとめワーク、レポー卜作成(全2日間)
スキルアップコース(認定看護師が主催)
がんQOL学習会 7~1月 緩和ケアとは、症状緩和、チームアプローチ、QOL、みなみQOL研究会について
がん化学療法看護コース 7~1月 がん化学療法の基礎知識、抗がん剤の投与管理と暴露対策、急性期の副作用と対策、その他の副作用と対策、セルフケア支援、患者の意思決定に対する支援、みなみQOL研究会について
糖尿病看護コース 7~1月 糖尿病の病態・分類・合併症、 治療
(食事療法・運動療法・薬物療法・低血糖・シックデイ)、足潰瘍のアセスメント、心理と行動、フットケア
Care and Cureコース 7~1月 急変時の看護、災害看護、循環動態アセスメント、呼吸状態のアセスメント、体位ドレナージ・呼気介助、生体侵襲と栄養管理、急性期の体温管理
スキルアップコース 5~1月 2回目以降は、『』『学習会』『学習会』に分かれ各論を学ぶ(年間9回)
人工呼吸ケアコース 9~2月 呼吸器の解剖生理とフィジカルアセスメント、呼吸器の基礎知識、人工呼吸器のモード、アラーム対応、NPPVの基礎知識、装着体験、人工呼吸中の鎮痛・鎮静管理、ポジショニング、リハビリ、人工呼吸器装着患者の合併症と治療戦略人工呼吸中の気道管理、RSTについて
ストーマ学習会 6~2月 解剖生理学、ストーマケア総論、ストーマの基本的ケア、ストーマケア用品、ストーマ合併症と対策、ストーマサイトマーキング
スキンケア学習会 6~2月 脆弱皮膚のスキンケア(皮膚のPH・皮脂膜の役割・洗浄剤の選択)、褥瘡とは(発生機序・予防方法・治療方法)、スキンケアセットの使い方、陰圧閉鎖療法の方法、創傷被覆材の使い方、口腔ケア、リハビリと褥瘡理学療法士
NST勉強会 6~2月 NSTについて(身体計測)、褥瘡の栄養管理と経腸栄養剤について、検査値について、輸液について、嚥下サポート食について、リハビリテーション栄養について
継続看護コース 6~11月 導入講義(院外講師)、 グループワークにおける事例展開・発表
医療安全コース 6~1月 導入講義(感染改善活動を行う上での考え方や取り組み・医療安全のチームトレーニングについて)、講義(院外講師、事故分析手法・「Im SAFER」)、講義(院外講師、医療安全のためのコミュニケーションスキル)、グループワーク、レポート提出、全体報告会                        
看護理論コース      6~11月 院外講師による公開講座(6月/2回)
臨床実践と看護理論、ロイ看護理論の理解を深める為の講義・抄読会・プレゼンテーション、まとめ発表
パートナーシップマインド研修 3月(前年度)
4月
看護現場におけるパートナーシップマインドについての講義
既卒者・中途採用者ミーティング 7月 感じていることや悩みなどグループ間で自由にディスカッションし、発表
1月
長期院外研修受講者伝達講習会 6月 院外長期研修参加者による学び・研究発表
ステップアップコース
(准看護師対象)
10月 感染対策・医療安全について