教育・研修-充実した院内教育プログラムで個の成長をバックアップ

新人教育

プリセプティインタビュー北澤友美(整形外科・リウマチ内科 1年目)

T・K(整形外科・リウマチ内科 1年目)

私の成長を自分のことのように喜んでくれるプリセプター。身近にいてくれて本当に良かったです。

1年目プリセプティ

私が入職してからもうすぐ1年が経過しようとしていますが、諸先輩方がいなければ、今の私の成長も無かったように思います。特にプリセプターのA・Aさん。常に私の一番近いところにいてくださり、困ったときには常にサポートしてくださいます。3ヶ月に1回、必ずふりかえりを実施するのですが、それ以外でも毎日のようにフォローしてくださいますので、本当に助かります。

ここ最近では、私もそれなりに成長して、任せられる仕事が多くなってきましたが、やはり、私一人ではミスもおこります。先日もあるミスをしてしまい、先輩方に迷惑をかけてしまいました。そんなときも、「なぜそのミスが起こったのか」「次、同じミスを起こさないためにはどうしなければいけないのか」を指導していただきました。

そのときも、全てを教えてくれるのではなく、ちょっとしたアドバイスを頂き、自分で考えさせようとしてくれました。自分で考えることで、さらに考えが深まり、行動に移しやすいです。そういったことを日々の業務の中で実施してくれています。

私にとってお姉さんのような存在のプリセプター。言い尽くせない感謝の言葉を私の成長で恩返し。

1年目プリセプティ

プリセプターを決める際には、コミュニケーションのとりやすさなども参考にしているようで、私の出身地である静岡県の大学を卒業しているA・Aさんがプリセプターになっていただけたことで、本当に話しやすく、私にとってお姉さんのような存在です。

そんな、新さんには、仕事の面でもプライベートな面でも相談にのっていただき、的確なアドバイスを頂いています。本当に言葉では言い表せないくらい、感謝の気持ちでいっぱいです。

私の成長を自分のことのように喜んでくれていますので、もっともっと成長して、一人前の看護師に一日でも早くなることが、プリセプターの新さんに対する恩返しではないかと思っています。


プリセプターインタビュー新あゆみ(整形外科・リウマチ内科 3年目)

A・A(整形外科・リウマチ内科 3年目)

知識だけではなく、目的意識の大切さ、患者さんの立場に立った看護を伝えていきたい。

3年目プリセプター

正直に言うと、プリセプターを引き受けたときは、自分の通常業務のほかに、新人の指導までできるのだろうか、という不安の気持ちのほうが強かったように思います。でも今はプリセプティが成長していく様子を見ると、とてもうれしく思えます。プリセプティのがんばりに私も刺激を受けているような感じです。

プリセプターの役割の大前提は、プリセプティに知識や技術、病院内での動き方などを教えることだと思いますが、そうした目の前のことだけではなく、「自分の目標を立てて成長していく」という姿勢を身につけて欲しいと思っています。またよく言われることですが「患者さんの立場に立った考え方、行動ができる看護師」を目指してもらいたいと思っています。

そのために、プリセプターとしてできることは、1から10まで全て教えるのではなく、自分で考える習慣をつけてもらうように指導しています。日々のふりかえりや3ヶ月に1回のふりかえりの中で、直すべき所はしっかりと注意し、伸ばしていくべき点は伸ばしていけるように話し合っていますが、その際にも、できる限り「自分で考える」ということをポイントにしています。そして常にプリセプティを見守り、声をかけ、行動で見せることで、自然と「自分で考える」力がついてくると思います。

そうすると、自分だけではなく、周りにも目が行き届くようになり、患者さんの立場に立った看護もできるようになるのではないかと思います。

新人看護師さんの良さを引き出し、「自分らしい」看護師さんに成長してもらいたい。

3年目プリセプター

プリセプターとして、プリセプティを育てていく上で、最も重要だと感じているのは、プリセプティの個性を伸ばしてあげることではないかと思います。そのためにはプリセプティの個性を見極めることが必要です。私も入職して3年目ですが、初めて指導する立場になって、そのことが身に染みて分かるようになりました。プリセプターを経験すると人を見る観察力が、本当に磨かれます。

私の場合は、プリセプティとのコミュニケーションを重視し、プリセプティの言動をつぶさに観察し、どんな性格で、あることが起こったときにどのように考え、行動するのかを常に感じ取るようにしています。
まだまだ全ての個性を見極めたわけではありませんが、T・Kさんがどのような個性を持っていて、どのように成長していくのがいいのかを自分なりに考え、指導しているようにしています。「北澤さんらしい」看護師さんに成長していってもらいたいと思います。