診療部門のご紹介

リハビリテーション科

  • 診療部門のご紹介
  • 医師紹介

お知らせ掲示板

現在はありません。

概要

当院のリハビリテーション科では、急性期のリハビリテーション診療を中心に行っています。疾病などによる救急入院や手術などの治療中は身体機能の低下(歩けなくなる)や体力低下、高次脳機能障害(集中したり言葉が離せなくなるなど)、嚥下機能低下(ご飯がむせる、食べられなくなる)など、生活能力の低下が生じやすく、高齢者では特にその傾向にあります。これらの予防や回復を目的に、専門の療法士が行う治療が急性期のリハビリテーション治療です。入院や治療中、早期からのリハビリテーションが重要となっています。

当院では脳卒中、肺炎で入院すると早くて入院当日から、予防や状態管理を含めたリハビリテーションを開始しています。整形外科では術後翌日から治療を開始しています。また重症患者さんのリハビリテーションにも重点を置き、早期リハビリテーションについて積極的に取り組んでいます。

特色

リハビリテーション治療は主に3つの専門に分かれています。

 

理学療法

出来るだけ早期にベッドから離れて歩きだすこと、合併症予防、起きたり動くなどの身体機能回復を目指し治療を行っています。当院では整形外科疾患は特に症例数が多く、脊椎疾患、関節疾患、スポーツ疾患に対応し、質と密度の高い治療を心がけています。また、地域連携を提携している施設、病院などから理学療法士の研修も受け入れています。

 

作業療法

病棟での食事動作やADL動作(顔を洗う、お風呂に入る、トイレに行くなど)の指導など、生活場面に即したリハビリテーションを行っています。関節リウマチの手指変形に対するスプリント療法も行っています。

 

言語聴覚療法

食べ物がむせる、飲み込めなくなるなどの嚥下障害に対し、検査や訓練を行います。失語症(言葉が話せなくなる病気)などへは言語訓練を行います。口腔ケア摂食嚥下サポートチームと共同して嚥下造影検査(VF)、嚥下内視鏡検査(VE)も行っています。

 

データが見つかりませんでした。

看護師募集

研修医募集

職員募集

PAGETOP