診療部門のご紹介

救急科

  • 診療部門のご紹介
  • 医師紹介

お知らせ掲示板

概要

当院は長年、各診療科の当番制により地域の救急医療の拠点病院としての役割を果たしてきました。2010年4月には横浜市2次救急拠点病院Aを取得しております。さらに2013年2月の新棟開設により救急外来及び救急病棟のハード面を整備致しました。また同年4月より救急科も新体制となり、救急科専門医が救急外来に専従し、主に救急搬送症例などの救急患者への初期診療を実施しております。

 

救急科による初期診療後には、病院全体の協力体制のもと各専門診療科による入院治療や外来フォローへと診療継続をスムーズに行う体制となっております。
また当院は日本救急医学会救急科専門医指定施設であります。


なお、夜間休日の当直体制では内科系当直、外科系当直、循環器科当直、神経系当直、小児科当直、産婦人科当直とそれぞれのグループによる診療体制を構築し、救急搬送症例を中心に24時間救急患者へ対応を行っております。

当院の救急診療の実績

当科は主に平日診療時間内の救急外来での診療を担当しており、2018年度において4,148例の救急患者(うち救急搬送症例が2,403例)の診療にあたっております。同時間帯での救急要請の応需率は95.1%となっております。
救急外来全体としては2018年度は16,001例の救急患者に対応(うち救急搬送症例数が7,889例)であり、救急要請の応需率は91.6%となっております。(院内記録より)

救急外来の施設概要

主に救急搬送症例などの重症患者に対応するための初療ブースが4ブース、診察室が5室、観察用ベッドが4台の構成となっております。

 

救急外来に隣接して放射線部門や内視鏡室が新設され、迅速に検査や処置を実施するための動線も整備されております。

当科で取り扱う疾患

当科では重症度や緊急度の程度や、疾患の種類によらず、救急患者の初期対応を行っております。当院の特色として多くの専門外来を有しており、救急外来から各専門科による診療がスムーズに移行できる体制にあります。そのことを反映し、当科が初期診療を担当する救急患者も偏りなく、幅広い疾患となっております。

当科の治療方針

救急医療は救急科のみで完結するものではありません。救急科は救急患者の初期診療を担い、適切な評価及び初期治療を行い、その後に各専門診療科と連携し、質の高い急性期医療を展開しております。また看護部や多くのコメディカルの方々との連携も欠かせません。そのため当院では救急医療を病院全体で取り組むために以下の4つの救急医療体制の基本方針を定めております。

 

1. 救急医療は、病院全体で取り組む最重要課題の一つである

2. 地域の急性期病院として、救急疾患に常時対応する

3. 各診療科の専門性を発揮できる救急体制を運営する

4. 院内体制のみでなく地域医療機関との連携を図り、救急病床の有効利用を常に目指す

氏名 松本 順
役職 部長
専門 救急医学
医師資格 日本救急医学会専門医
日本DMAT隊員
共用試験医学系OSCE認定評価者(救急領域)
臨床研修指導医
日本不整脈心電学会心電図検定1級
ICLSインストラクター・コースディレクター・指導者養成WSディレクター
JPTECインストラクター・世話人
横浜市救命指導医
横浜市YMAT隊員
所属学会 日本救急医学会
日本集中治療医学会
氏名 祐森 章幸
役職 医長
専門 救急医学・集中治療医学
医師資格 日本救急医学会専門医
日本集中治療医学会専門医
臨床研修指導医
AHA ACLSインストラクター
DMAT-L隊員
YMAT隊員
所属学会 日本救急医学会
日本集中治療医学会
氏名 關野 長昭
役職 ICU室部長、ME科部長、救急科医師
専門 一般麻酔科、救急、集中治療
医師資格 日本麻酔科学会麻酔指導医・専門医
日本救急医学会救急科専門医
日本集中治療学会集中治療専門医
日本医師会健康スポーツ医
日本体育協会公認スポーツドクター
感染制御医師(ICD)
JATECインストラクター
ICLSインストラクター
AHA BLS/ACLSインストラクター
医療メデキエーターB
統括DMAT
DMATインストラクター
MCLSインストラクター
研修会 臨床研修指導医養成講習会修了
臨床研修プログラム責任者講習会修了
日本DMAT研修修了
緩和ケア指導者研修会修了
平成23年度医療事故紛争対応人材養成講座(東京コース、40時間)受講済み
所属学会 日本麻酔科学会
日本集中治療医学会
日本救急医学会
日本呼吸療法医学
医療事故・紛争対応研究会
日本緩和医療学会
日本災害医学会

メニュー

閉じる

看護師募集

研修医募集

職員募集

PAGETOP