診療部門のご紹介

呼吸器外科

  • 診療部門のご紹介
  • 医師紹介
お知らせ掲示板

はじめて受診される際は、紹介状が必要です。

 

当院は肺癌登録合同委員会 第7次事業に参加しています。詳しくはこちらをご覧ください。

横浜南共済病院で 手術などの外科的治療を受けられる患者様へ

概要

当科で扱う主な疾患は、原発性肺癌、転移性肺腫瘍、良性肺腫瘍、気胸、膿胸、縦隔腫瘍などです。当院では2012年より呼吸器外科専門医※11名を含む外科が担当してきましたが、これらの疾患の手術治療を担当する専門診療科として、2017年4月に新設されました。2018年度は常勤医(専門医※1)1名と横浜市立大学からの非常勤医師(専門医※1)1名で診療にあたります。(※1呼吸器外科専門医認定機構の認定による)

当院での治療

原発性肺癌

原発性肺癌に対する治療は、その病状により手術治療、抗がん剤治療(分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬を含む)、放射線治療、緩和医療などがあり、これらを組み合わせて治療を行います。 当院では週1回、呼吸器内科、呼吸器外科、放射線科、緩和支持療法科の医師と、薬剤師、病棟看護師が参加する肺癌キャンサーボードを実施しており、各症例について、他職種で意見交換を行って治療方針を検討しています。
当院では、手術は原則的に胸腔鏡(内視鏡)を用いた患者さんへの負担が少ない方法で行いますが、安全性を重視した術式選択を心掛けています。手術には腫瘍を含む肺をすべて切除する肺葉切除術(または肺全摘術)と肺の一部を切除する部分切除術(または区域切除術)がありますが、呼吸機能、心機能、年齢などを考慮して術式を決めています。また、近年がん診療における口腔ケアの重要性が指摘されており、歯科口腔外科と連携して術前口腔ケアを行っています。
2017年度の年間手術件数は40例でした。そのうち34例(85%)が胸腔鏡手術です。手術中の合併症はありませんでした。術後の合併症は6例(2例が長期肺ろう、2例が肺炎、1例が出血、1例が乳び胸)でした。術後入院日数は3~22日で、最も多かったのは8日でした。

転移性肺腫瘍および良性肺腫瘍

2017年度の年間手術症例数は18例です。これらの疾患に対する手術は胸腔鏡下に、病変を含むように肺の一部を切除する手術を行います。これらの手術による手術中および術後の合併症はありませんでした。術後入院日数は4〜12日で最も多かったのは5日でした。

気胸

気胸は、肺のう胞(ブラ)の破裂などにより、肺から空気が漏れ出し、肺が虚脱して胸痛や呼吸困難を起こす病気です。手術をせずに経過観察で治ることもありますが、虚脱の程度が強い場合は、胸腔ドレーンという管を留置して治療します。空気漏れが長く続く場合や再発を繰り返す場合は、手術を行います。2017年度の年間手術症例数は11例でした。手術は胸腔鏡を用いた肺の部分切除術です。創は2か所でそれぞれ1~2㎝程度です。術後の再発を予防する目的で吸収性のシートを肺の切除断端に貼付しますが、生体用接着剤(血液製剤)は、切除断端からの空気漏れがなければ使用しないようにしています。これらの手術による手術中および術後の合併症はありませんでした。術後入院日数は2~6日で最も多かったのは2日でした。

膿胸

膿胸は胸腔内に膿が溜まる病気で、原因は、齲歯(虫歯)などの口腔内感染症や誤嚥性肺炎が多く、呼吸困難や発熱で発症することが多い疾患です。治療の基本は胸腔ドレーンという管を胸腔内に留置し、胸腔内に溜まった膿を体外に排出することと抗生剤の投与です。しかし、膿の排出は容易でないことも多く、その場合は手術的に膿を掻き出したり、胸腔内を洗浄したりする必要があります。当科では、胸腔鏡を用いた手術を行っており、2-3㎝のキズを2~4か所あけて行います。2017年度の年間手術症例数は7例でした。手術中、手術後の合併症はありませんでした。術後の入院日数は16~39日でした。

当科の取り組み

(1) 地域のクリニックとの連携をはかり、絶え間のない充実した地域医療体制の構築に貢献します。とくに肺癌については、神奈川県医療連携手帳を用いたクリニックとの連携(がん地域連携クリティカルパス)を推進します。
(2) がんセンターなど遠方の医療機関で手術を受けられた方の、術後の経過観察を引き受ける体制づくりを推進します。
(3) 肺癌や膿胸の治療において、歯科との連携を推進します。
(4) 当院では行っていない肺癌に対する医療について、各医療機関との連携をはかり、適切な治療が受けられる体制を整えます。
  (ア)  PET検査など
  (イ)  重粒子線治療など
(5) 他施設共同研究などの臨床研究に積極的に参加し、肺がん治療の発展に貢献します。
(6) 臨床研修医への指導を通して、将来の呼吸器外科医の育成に努めます。

氏名 大沢 宏至
役職 部長
専門 呼吸器外科
医師資格 呼吸器外科専門医
日本外科学会認定医
日本胸部外科学会認定医
外科専門医
がん治療認定医
身体障害者福祉法指定医
日本DMAT隊員
難病指定医
所属学会 日本外科学会
日本胸部外科学会
日本呼吸器外科学会
日本癌治療学会
日本肺癌学会
日本呼吸器学会
日本臨床外科学会
日本緩和医療学会
日本内視鏡外科学会
氏名 西井 鉄平
役職 非常勤医師
医師資格 横浜市立大学附属市民総合医療センター呼吸器病センター外科 助教
医学博士
日本外科学会 外科専門医
呼吸器外科専門医
気管支鏡専門医・指導医
日本呼吸器外科学会 評議員
日本内視鏡外科学会 評議員
日本呼吸器内視鏡学会 評議員
肺がんCT検診認定医師
日本医師会 認定産業医
検診マンモグラフィ読影認定医
身体障害者福祉法第15条指定医
難病指定医
小児慢性特定疾病指定医

看護師募集

研修医募集

職員募集

PAGETOP