診療部門のご紹介

膠原病リウマチ内科

  • 診療部門のご紹介
  • 医師紹介
お知らせ掲示板

はじめて受診される際は、紹介状が必要です。

概要

関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群、ベーチェット病などの膠原病、橋本病、特発性血小板減少性紫斑病、原発性胆汁性肝硬変症、間質性肺炎などの自己免疫性疾患を専門に診療しています。
人口約100万人圏と考えられる神奈川県南部地域の中核病院として唯一、リウマチ性疾患を扱っている。
心と心が通じあうあたたかい人間的医療を常に心がけています(これしかない!)。近隣の病院、医院、診療所との連携協力にも力を入れています。
患者教育が最重要であると考え、病院内に患者の会「きずな」を設立し、相談会、講演会、レクリエーションなどを常時開催しています。
日本リウマチ学会教育認定施設および日本アレルギー学会教育認定施設です。

当科で取り扱う疾患

2007年1月現在約3,500人のリウマチ性疾患、関節リウマチ1,300人、原発性シェーグレン症候群900人、全身性エリテマトーデス250人、強皮症200人、線維筋痛症200人、皮膚筋炎150人など。合併症を伴う難治例が多い。

新患数60~90人/月であり、奇抜な治療は行わず、世界的なスタンダードな治療が中心です。特に個々の患者をトータルに考えた適切な治療法を選択しています。

治療効果も大切であるが、治療による副作用をできるだけ軽減する工夫を行っています(骨粗鬆症予防など)。
治療成績については、毎年国内外の学会あるいは論文にて発表しています。

疾患治療法結果報告
関節リウマチ リウマトレックス 投与6ヶ月ACR20
改善率61.3%
48ヶ月投与
継続率56.7%
2005年
日本臨床免疫学会誌
関節リウマチ リウマトレックス+
アザルフィジンEN
ACR20改善率56.9% 2003年
日本臨床リウマチ学会誌
関節リウマチ エンブレル 投与6ヶ月
ACR20改善率95.5%
ACR70改善率50%
2006年
日本リウマチ学会
関節リウマチ リマチル 投与6ヶ月
ACR20改善率51.2%
5年投与継続率33.5%
2005年
アメリカリウマチ学会
関節リウマチ プログラフ 投与6ヶ月
ACR20改善率66.7%
ACR70改善率16.7%
2006年
日本リウマチ学会
関節リウマチ アザルフィジン+
リマチル併用療法
投与6ヶ月
寛解達成率34.7%
2011年
日本リウマチ学会
関節リウマチ アクテムラ 投与6ヶ月
寛解達成率64.7%
2011年
日本リウマチ学会
シェーグレン
症候群
セビメリン
(エボザック)
投与12週後の
改善率51.8%
2003年
リウマチ学会
シェーグレン
症候群
サラジェン 投与12週後の
改善率49.4%
2008年
日本リウマチ学会
線維筋痛症 トレドミン 50%改善率27.7%
30%改善率50%
2004年
IntJ Psych Clin Pract
線維筋痛症 ノイロトロピン 50%改善率20%
30%改善率30%
2004年
リウマチ科

実績

氏名 長岡 章平
役職 病院長
専門 リウマチ、膠原病
医師資格 日本内科学会認定内科医・指導医
日本アレルギー学会専門医
日本リウマチ学会専門医・指導医
日本骨粗鬆症学会認定医
所属学会 日本内科学会
日本アレルギー学会
日本リウマチ学会評議員
日本臨床免疫学会
日本臨床リウマチ学会
日本骨粗鬆症学会
ヨーロッパリウマチ学会
氏名 須田 昭子
役職 部長
専門 膠原病・リウマチ
医師資格 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医
日本リウマチ学会リウマチ専門医・指導医
日本アレルギー学会専門医・指導医
ICD
日本リウマチ財団登録医
日本医師会認定産業医
日本リウマチ学会登録ソノグラファー
日本骨粗鬆症学会認定医
所属学会 日本内科学会
日本リウマチ学会
日本アレルギー学会
日本呼吸器学会
日本糖尿病学会
日本臨床リウマチ学会
日本脊椎関節炎学会
日本感染症学会
日本骨粗鬆症学会
日本臨床免疫学会
氏名 金井 大輔
役職 医長
医師資格 日本内科学会認定内科医
日本腎臓学会腎臓専門医
日本透析医学会透析専門医
身体障害者福祉法15条指定医(じん臓機能)
難病指定医
所属学会 日本内科学会
日本透析医学会
日本腎臓学会
日本高血圧学会
日本腹膜透析学会
日本アフェレシス学会
日本リウマチ学会
日本アレルギー学会
氏名 吉岡 裕二
所属学会 日本内科学会
日本リウマチ学会
日本臨床リウマチ学会
日本骨粗鬆症学会
氏名 鵜澤 侑司
所属学会 日本内科学会

看護師募集

研修医募集

職員募集

PAGETOP