医療関係者の皆様へ

初期臨床研修プログラム

研修計画

研修期間は2年間です。
研修開始時オリエンテーションを行います。

1年目:

基本研修科目

・内科6ヶ月
・救急部門(総合診療として病院所定科ロ―テーション)3ヶ月

選択必修3ヶ月

選択必修3ヶ月については2ヶ月、1ケ月で以下の2科を選択します。
・外科(2ヶ月)
・麻酔科(2ヶ月、ただし外科を回るときは1ヶ月可)
・小児科
・産婦人科
・精神科

2年目:

地域医療1ヶ月を必須とし、残り2ヶ月は希望科を1ヶ月単位の自由選択とします。
地域医療、精神科は、協力病院にて研修を行います。

希望診療科は、内科各科、外科、麻酔科、小児科、産婦人科、精神科の他、整形外科、泌尿器科、脳神経外科、心臓血管外科、形成外科、耳鼻咽喉料、皮膚科、眼科、救急科、放射線科、臨床検査科、病理診断科の各科を最低1ヶ月単位で研修することができます。

ユニット別の研修内容について

内科ユニット

当院内科は、循環器、消化器、腎臓高血圧、内分泌代謝、呼吸器、膠原病リウマチ、血液、神経内科の8専門分野に分かれている。下表のように同時に二つないし三つの専門分野を 2 ヶ月ずつローテーションすることにより内科の全領域についての研修を受けることができる。

ローテーション科研修期間
循環器、腎臓高血圧、内分泌代謝 2ヶ月
消化器、膠原病リウマチ 2ヶ月
呼吸器、血液、神経内科 2ヶ月

外科ユニット

一般目標

外科臨床に必要な知識・外科基本手技を身につける。

麻酔科・救急・総合診療ユニット

救急部門の研修は、救急センターにおいて救急センター担当医の指導のもと日中ならびに夜間当直帯に急患当番医または当直医とともに初期診療にあたることにより研修する。麻酔科においては、特に心肺蘇生や蘇生後の全身管理について基本的手技を身につける。また整形外科、泌尿器科、脳神経外科、形成外科、耳鼻咽喉科、皮膚科、眼科の協力を得て、それぞれの分野の経験すべき症例について専門医とともに初期診療にあたる。

一般目標

麻酔科・救急臨床に必要な知識・技能を身につける。

小児科ユニット

一般目標

小児および小児科診療の特性を学び、プライマリ・ケアに必要な知識・技能を身につける。

産婦人科ユニット

一般目標

産婦人科臨床に必要な知識・技能を身につける。

精神科ユニット

協力病院において研修を行うものとする。

一般目標

精神科臨床に必要な知識・技能を身につける。

研修責任者のメッセージ

横浜南共済病院は病床数565床を有する横浜市南部の総合病院です。

2016年4月より救命救急センターに指定され、年間7,500台を超える救急車の受け入れや高度な救急医療の提供も可能になり、仕事はハードですが、より充実した救急研修が受けられるようになりました。

また、がん診療連携指定病院に指定され悪性腫瘍患者も増加しており、多くの臨床経験が積めるようになってきました。当院の研修の1年目は固定(内科、救急、選択必修)ですが、2年目は自由度が高く途中からの変更も容易になっており研修医の皆さんが満足できるプログラムを組むことができます。

多くの応募をお待ちしています。

研修責任者 髙橋 健一 

年間スケジュール

臨床研修協力病院・施設

 4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年次
(例)
内科
(6ヶ月)
救急
(3ヶ月)
選択必須
(3ヶ月)
2年次
(例)
地域
連携
(1ヶ月)
希望科
(11ヶ月)
  1年次
(例)
2年次
(例)
4月 内科
(6ヶ月)
地域連携
(1ヶ月)
5月 希望科
(11ヶ月)
6月
7月
8月
9月
10月 救急
(3ヶ月)
11月
12月
1月 選択必須
(3ヶ月)
2月
3月

種別及び名称:

公立大学法人横浜市立大学附属病院
済生会若草病院  宮古島徳州会病院

研修の内容及び期間:

精神科 選択
地域医療必須 2年次1ヶ月
地域医療 追加オプション 2年次1ヶ月


臨床研修サイト(外部リンク)

ご相談受付:

〒236-0037 神奈川県横浜市金沢区六浦東1-21-1
担当:総務課

看護師募集

研修医募集

職員募集

PAGETOP