診療部門のご紹介

放射線科

乳房撮影(マンモグラフィ)

乳がんを見つけるために、X線を使って乳房の中を検査する撮影法です。乳房は柔らかい組織(脂肪や乳腺)で構成されているため、乳房専用のX線撮影装置を使用します。
触診でわからないほどの小さな石灰化や腫瘍を写すことができます。

画像

▲乳房撮影
内外斜位方向右乳房の矢印部が腫瘍

画像

▲穿刺細胞診

撮影の流れ

1.上半身裸になっていただきます。
2.気になる場所があれば位置の確認をします。
3.左右片方ずつ撮影します。片方の乳房を撮影台に合わせ、乳房全体を手で引き伸ばしながら圧迫を加え挟みます。
4.十分に乳腺がひろがったところで撮影します。

検査に使用する機器

乳房撮影装置

よくある質問

なぜ、圧迫が必要なのか??

乳房の中に潜んでいる乳癌をはっきりと写しだす為には、乳房に圧迫を加えて乳房をなるべく薄くして、その厚さを均一にする必要があります。乳房の圧迫による痛みには個人差がありますが、わずかな異常を見逃さない為には乳房の圧迫が必要ですので、出来る限りのご協力をお願いします。


なぜ両方の乳房を撮影するのか??

乳房は個人差があるため、左右両方を撮影して比較し、診断を行います。このため片側の乳房だけにしこりや痛みがある場合でも、両方の乳房を撮影させていただきます。


他に乳房検査には、どのような検査があるのか??

  • マンモグラフィの追加撮影
  • 乳管造影検査
  • 吸引細胞診断
  • マンモトーム生検
  • 超音波検査
  • MRI検査
  • 乳頭分泌検査

などの検査があります。

乳房撮影を受けるにあたって

ペースメーカーを使用している方・豊胸手術をしている方は、撮影前にお伝えください。当院では乳房検査(マンモグラフィ)はすべて女性技師が対応します。撮影は特別な装置を使用しているため、多少お待ちいただくことがありますが御了承下さい。
ご質問がある方は、撮影時に担当技師にお尋ねください。

メニュー

閉じる

看護師募集

研修医募集

職員募集

PAGETOP