医療関係者の皆様へ

2018年度 横浜南共済病院 内科専門医研修プログラム専攻医募集要項

応募資格

初期臨床研修修了者、または2018年3月末に修了見込の方

研修内容

横浜南共済病院 内科専門医研修プログラム 【PDF】
※本プログラムは一次審査を通過したものです。現在、二次審査中ですが、研修内容自体が大きく変わることは想定されていません。

参考:内科学会ホームページ 内科専門研修プログラム

概要

1)研修期間:原則;3年間(基幹施設2年間+連携・特別連携施設1年間)です。


2)主担当医として、入院から退院〈初診・入院~退院・通院〉まで可能な範囲で経時的に、診断・治療の流れを通じて、一人一人の患者の全身状態、社会的背景・療養環境調整をも包括する全人的医療を実践します。


3)当プログラムでは、カリキュラムの知識、技術・技能を修得する見込みが高いと認められた専攻医には積極的にSubspecialty領域専門医取得に向けた知識、技術・技能研修を開始できます(連動研修)。したがって、内科専門研修開始時に将来のSubspecialty領域を積極的に決めておくことをお勧めします。

※当プログラムへの募集にあたり、予め当院のSubspecialty領域診療科の責任医師と相談しておくことをお勧めします。なお、将来のSubspecialty領域が未定の場合には、プログラム責任者小泉(呼吸器内科部長)または副責任者藤井(循環器内科部長)が対応いたしますので、下記問い合わせ先までご連絡ください。

募集人数

6名(予定)
※本プログラム(当院が基幹施設)として募集する専攻医数
当院が連携施設となっている他プログラム(他院が基幹施設)の専攻医数は含みません

応募期間・選考実施日

内科学会ホームページでは、8月22日現在、専攻医の募集スケジュールは下図のとおり予定されています。(日本専門医機構確認済み)


参考:内科学会ホームページ  専攻医登録(応募)スケジュール

 

(註:日本専門医機構の決定により日程は変更があり得ます。)

選考方法

面接試験(日程は上記に従って決める予定です)

処遇

当院で研修(勤務)する場合は、当院の規定による。
通勤手当、住居手当、日当直手当、時間外勤務手当、期末勤勉手当等が条件により別に支給されます。厚生健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険に加入。
※なお、連携施設での研修(勤務)中は、当該連携施設の規定による。

応募書類(日本専門医機構への専攻医登録とは別に)

1.横浜南共済病院 内科専攻医研修願書【Excel】 【PDF】
2.履歴書【Word】 【PDF】
3.初期臨床研修修了(見込)証明書
4.医師免許証写し
上記書類を2017年11月15日まで(予定)に提出のこと
※郵便の場合は、郵便書留でお願いします。(〆切日必着)

採用通知

2017年12月上旬(予定)

申込み・問い合わせ先

横浜南共済病院 総務課 職員担当
〒236-0037
横浜市金沢区六浦東1-21-1
TEL 045-782-2101 内線1452
※病院見学は随時お受けします。上記までご連絡ください。

看護師募集

研修医募集

職員募集

PAGETOP